投稿日:

America Dialogue Tama Vol.20

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.20】 9月30日(日)開催!

「Hawaii」の画像検索結果

 

トピック【日本とハワイの繋がりって?】


日本人にとって一番身近なアメリカといっても過言ではないハワイ。

ハワイと言えば、綺麗なビーチで思いっきりエンジョイできる観光地の代名詞。
そのハワイ州は、歴史的にも文化的にも日本と深い繋がりをもっています。
今回のアメログでは、ハワイ州出身ハワイ州育ちのJET Teacherに日本とハワイの多岐にわたる繋がりについて詳しく話していただきます。
地元の人しか知らないハワイの魅力も聞けるかも!
多くのご参加お待ちしています!

英語で行う参加型ワークショップ。
英語に自信がない人も環境問題に興味の無い方も楽しめる内容です。
終わりにはディスカッションリーダーや参加者たちとピザを食べながらワイワイ楽しもう!

先着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めにお願いします。

参加登録 ➡ 登録フォーム

=========
◆Speaker
=========
Hello, my name is Nathaniel Trinidad but you can call me Nate. I grew up in Hawaii and California. I love hiking and movies. I came to Japan on the JET Program and am teaching as a 2nd year ALT at the Super Science High School. My major was Asian Studies and SLS (Second Language Studies).

ハワイ州出身で、University of HawaiiをAsian Studies とSLS (Second Language Studies)のダブル専攻で卒業。
現在、JETプログラムに参加しており、Super Science High SchoolにALTとして勤務。


========
◆基本情報
========
開催日 2018年9月30日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分  Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205  email: info@knoxenglish.com

投稿日:

錦秋幼稚園 English Camp 2018-2

次は8月29日。幼稚園生は2回目とあって、リラックスした様子でした。
「今日は何をやるの?」と皆やる気満々!!

今回は大学生のお姉さんに加えて、高校生のお姉さんも参加してくれました。
お姉さん先生をチームリーダーに、Red, Green, Yellow, Purpleの4チームに分かれて得点を競いました。

始めに風船割りゲーム。
ゲームを始める前に、全員で必要な単語を学びました。

Go, Stop, Turn right/left, Hitなど。皆、覚えるのが早い!!覚えた単語を使って早速ゲーム開始です。

     


それぞれのチームから、「Go, go, go. Stop! 」「Turn right!」「Hit!!」と聞こえてきます。

上手に風船を叩くとチーム内で大拍手ーー!

次は、「Head shoulder knees and toes」の曲で踊りながら、体のパーツの言い方を覚えました。

お馴染みの曲に合わせて、だんだん早くなるスピードにみんな頑張る!

 

 

この曲に続いて行ったのが、福笑いゲーム。

身体のパーツの名前に加えて、先ほどゲームでやった「right, left, up, down」を使いながら、目隠しをした子に場所を指示していきます。

このゲームは面白い顔を作ったチームが勝ち!

    


最後は早押しクイズ。

このゲームは英語で質問し、英語で答えます。

リーダーのお姉さんに相談したり、聞いたりしてもいいけれど、答えるのは幼稚園生だけ。

質問は「What color is the sky?」など。

答えがわかったら、ピンポンボタンに向かってダッシュ!

せっかく猛ダッシュで来て、ボタンを押したのに、「何だたっけ?」

 

答えられた人のチームには5ポイントが加算。
大逆転が狙えます!みんな必死!!

 

そして、

勝利したのは、Greenチーム!!

みんな頑張りました。

 

そして、最後は記念撮影。

 

みんな頑張りました。そして、楽しみました!

インターン先生として参加してくれた大学生、高校生たち。とっても頑張ってくれました。
園児のみんなは、きっとこの日のことを大きくなるまで覚えてくれていると思います。

英語を習うのには年齢はいろいろ。そんな英語を学んでいる学生同士が繋がり、
お互いが先生になり生徒になることで、いい経験を得てくれたらと、願っています。

 

投稿日:

錦秋幼稚園 English Camp 2018-1

 今年の夏も錦秋幼稚園でイングリッシュキャンプを行いました!

それも8月上旬と下旬の2回です。

インターンの学生も幼稚園生も緊張した面持ちで顔合わせ。

幼稚園生からは大学生を見て、「だ~れ?」という子がいたり、普段より緊張して黙ってしまったり。

それでも幼稚園生は、これから何が始まるのかワクワクしている様子。

大学生のお姉さんをリーダーにして4チームに分かれて、ゲーム開始です。

風船運びゲームではチーム内でペアを組んで、お姉さんが待っているところまで風船を運んだのですが、
なかなか思うように前に進みません。やっとの思いで風船を運んでも、お姉さんから質問があります。
「HOP」カードを見せられ、「What is this?」
今まで習った英語を必死で思い出しながら、皆、その質問に答えていきました。

 

みんなが大好きな、ショッピングゲームも行いました。
昨年参加した年長さんが、楽しみにしているゲームです。

何故かというと、、、本当にお菓子が買えるからです!

 

「Hi!  Can I have a chocolate?」しっかり挨拶から注文まで英語で伝えます。おはじきをお金にして、ちゃんとお釣りももらって、Thank you! 

3つのお店屋さんをみんなはお姉さんたちに手伝ってもらいながらお買い物。
やはりお菓子屋さんは大繁盛でしたが、みんな楽しそうでした。

 

また、このキャンプではReading Timeもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 


大学生のお姉さんたちが、それぞれ手にした本を読み聞かせてくれました。

もちろん英語で。でも絵も助けてくれるし、時々日本語も入れてもらいながら。
話が分からなくて嫌にならないか少し心配しましたが、そんな心配は全く無用でした。

幼稚園生は食い入るようにして、本をみています。

そしてお話の子が悪いことをすると「ダメなんだよね~!」
ハッピーエンドの時には「良かったね~」と笑い声もたくさん聞こえてきました。

そのあとにはRock, Scissors, Paper!とお姉さんたちとじゃんけん。
勝ったらおんぶをしてもらい、負けたらトンネルをくぐります。

 

 

 

 

 

 

 

 


チーム内で行ったあとは、列車を作ってチーム対抗。みんなで楽しみました。

       

今回も楽しいキャンプが出来ました。

次回は8月下旬に行われます。

投稿日:

Knox小学生・中学生 オンラインによる国際交流《BMS》

Knoxの小学生高学年クラス・中学生クラスは、2月から約5ヶ月間にわたり、オンライン交流・手紙交換を行いながら進めていたBayside Middle School(バージニア州)(以下BMS)との国際交流が終了しました。

BMSで日本語を勉強している中学生と、日本語・英語の2ヵ国語で交流。まずはオンラインで
自己紹介や他己紹介、それぞれの身の回りのものを紹介しあい、それぞれの投稿に質問を入れたり、自分への質問へ答えたり。

日本語と英語を両方話しながら進めていきました。

そして最後には何か手元に残る交流を、と相手校と話し合い、手紙の交換を行いました。

BMSからのお手紙には、学校のスティッカーやボールペン、パンフレットなどが同封され、Knoxのみんなへプレゼントされました。いただいたものは何でも、なんだかアメリカっぽくて、カッコよくて、パンフレットでも全部英語で書いてあることに驚き(当たり前なのだけれど…)のKnoxのみんなでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのプレゼントや手紙がどんな遠いところから来たのかを実感してもらう為に、生徒たちにGoogle MapでKnoxからBayside Middle Schoolを見ました。

 

みんなが今いるKnox(多摩市)から地図がどんどん縮小されて、東京、関東、日本・・・そして青い地球の裏側にでてきたBayside Middle Schoolに繋がると、

「うわぁぁぁぁぁぁぁ 遠いーーー」とみんな驚きの声。

BMS周りの街並みや住宅地の様子などを見ていくと、

「お庭が広ーい」「街がきれい」などの声もあがりました。

手紙の中にFront yard/Back yardというのが出て「前庭と裏庭」と聞いてもよくわからなかったのが、この様子からバッチリそれも理解できました。

BMSの皆さんからも「とても手紙を嬉しそうに見ていた。日本語を一生懸命にわかろうと読んでいた」と嬉しい声が届きました。BMSの生徒さんたちにとっても、Knoxの生徒は、学校の先生以外恐らく初めて親密にコンタクトをとった日本人になるのです。それはきっとKnoxの生徒たちにとっても同じこと。

 

英語を学ぶその先を感じて欲しいので、海外と繋がる機会をKnoxは出来るだけ多く提供しています。

みんなの「国際感覚」が少しずつ養ってくれたらと願っています。

 

投稿日:

【Global Talk!】Food and Me⑪

UNIS, Nobles,そしてKnoxの3校での混合グループを作り、それぞれのグループ内で【自分のおススメのお店】をGoogle Mapを使ってシェアしていきます。

自分のおススメのお店の外観、食べ物、内装の計3枚の写真とともに、場所をアップロード。また音声でおススメの理由を紹介していきました。遠く離れているのに、画像と動画、また地図で確認しながら聞いていると、とてもそのお店や地域に興味がわいてきます。

自分のおススメ情報と、グループ内のメンバーの発表を元にHangoutsでグループトークを実施しました。

お店や食べ物に関する話、また現地で流行っている食べ物のことなどを聞けて楽しかった、という声も聞こえてきました。

今回のグループトークは少人数制にし、2名から4名まで。時差があるために週末の夜か朝をつかっての活動で、スケジュール調整も難しく大変でしたが、とてもいい交流ができたように思います。

 

 

投稿日:

【Global Talk!】Food and Me⑩

Global Talk! 今年度最後のトピックは、「Food and Me (食べ物と私)」になりました。

自分を取り巻く食べ物について、それぞれ紹介や説明をし、お互いに質問を出し合って理解を深めていきます。
食習慣は、国や文化によって違うのはもちろん、同じ国内においてもそれぞれの家庭のバックグラウンドにより異なります。
食べ物は身近でありながら、あまり深く話し合うことのないトピックですので、どのような展開になるのか楽しみです。

次には、お互いの【おススメのお店】を、Google map上で紹介しあい、まるで他国のお店に遊びに行っているかのように発表していきたいと企画中です。

数年前には考えられなかった海外との交流、ここまで身近に感じあえることが出来るTechnologyに感謝!ですね。

投稿日:

【Global Talk!】⑥グループディスカッション

メンバーは、最終発表であるPR動画の作成に向けての話し合いを、ボストン・NY・日本の三校合同でビデオミーティグを行いました。(Google Hangoutsを使用)
アメリカと日本の時差の為に、行えるのは週末のみ。日本朝⇔アメリカ夜、またはその逆のパターンのみです。グループ全員のをスケジュールをあわせることが難しく、複数回のミーティングは行いないことから、いかに一度のミーティングを効率的に進めるかがカギ。

よって、事前に一人一人が《どのような動画を作成したいのか?》というアイディアを出し、それをグループ内で共有《Google Docsを使用》した上で、その実際のミーティングの際には《誰のアイディアを採用するか?》と具体的な内容で始められるように設定しました。

ビデオミーティング《Google Hangouts》の際の注意点はひとつだけ。

【言語はどちらでもいい。ただし相手のTarget Languageに気を配ること】

これは母国語が違う人と話すときには必ず気を付けなければいけない点であり、自分の使いたい言語が相手の得意とする言語なのか、ミーティング自体をどちらの言語で話した方が効率がいいのか、様々なことを考え、相手を気遣う必要があるからです。

多様性の中で活動する経験を、このプログラムを通して多方面から感じることが出来たら、と思います。

ビデオミーティングはとても効率よく進みました。政治グループの一部分をご紹介します。

 

このミーティングですべてが決定できなかったグループは、自主的に共有していたGoogle Docsのノートを使用し、NY・ボストン・日本で更に話し合いを進めていきました。

 日本語・英語を交え、三校でいい形でのディスカッションが進んでいます。

投稿日:

新小学生クラス募集

Knox English Network
新規クラス 4月スタート

●新・小学生低学年クラス (火) 16:00-17:00

●新・小学生高学年クラス (水) 16:45-18:00

英語を単に机の上の勉強として終わらせるのではなく、実際に生きた言語として使えるように
Knoxは、独自のメソッドで真の英語力を育てていきます。

 

2018年度生 新規クラス募集要項(PDFファイル)2018 はじめての英語 A4-2