投稿日:

錦秋幼稚園 English Camp 2018-2

次は8月29日。幼稚園生は2回目とあって、リラックスした様子でした。
「今日は何をやるの?」と皆やる気満々!!

今回は大学生のお姉さんに加えて、高校生のお姉さんも参加してくれました。
お姉さん先生をチームリーダーに、Red, Green, Yellow, Purpleの4チームに分かれて得点を競いました。

始めに風船割りゲーム。
ゲームを始める前に、全員で必要な単語を学びました。

Go, Stop, Turn right/left, Hitなど。皆、覚えるのが早い!!覚えた単語を使って早速ゲーム開始です。

     


それぞれのチームから、「Go, go, go. Stop! 」「Turn right!」「Hit!!」と聞こえてきます。

上手に風船を叩くとチーム内で大拍手ーー!

次は、「Head shoulder knees and toes」の曲で踊りながら、体のパーツの言い方を覚えました。

お馴染みの曲に合わせて、だんだん早くなるスピードにみんな頑張る!

 

 

この曲に続いて行ったのが、福笑いゲーム。

身体のパーツの名前に加えて、先ほどゲームでやった「right, left, up, down」を使いながら、目隠しをした子に場所を指示していきます。

このゲームは面白い顔を作ったチームが勝ち!

    


最後は早押しクイズ。

このゲームは英語で質問し、英語で答えます。

リーダーのお姉さんに相談したり、聞いたりしてもいいけれど、答えるのは幼稚園生だけ。

質問は「What color is the sky?」など。

答えがわかったら、ピンポンボタンに向かってダッシュ!

せっかく猛ダッシュで来て、ボタンを押したのに、「何だたっけ?」

 

答えられた人のチームには5ポイントが加算。
大逆転が狙えます!みんな必死!!

 

そして、

勝利したのは、Greenチーム!!

みんな頑張りました。

 

そして、最後は記念撮影。

 

みんな頑張りました。そして、楽しみました!

インターン先生として参加してくれた大学生、高校生たち。とっても頑張ってくれました。
園児のみんなは、きっとこの日のことを大きくなるまで覚えてくれていると思います。

英語を習うのには年齢はいろいろ。そんな英語を学んでいる学生同士が繋がり、
お互いが先生になり生徒になることで、いい経験を得てくれたらと、願っています。

 

投稿日:

Knox Summer Camp 2018 2nd Day #1

2日目の朝

まずは穏やかに日本の伝統ともいえるラジオ体操から。
でも英語バージョンです。

 

 

 


次には氷り鬼。

鬼を数名に決めていたけど誰が鬼だかわからなくなる。

こうなったら、小学生が全員鬼!

わーーー、ゾンビのように皆が来るーーーーー!!

大騒ぎ。朝ごはん前に汗だくになりました(^^;

 

チェックアウト後にはホールへ移動し、ゲーム再開。
計算ゲームでは、中高生がMC。出題からスコアの仕方まで考え、みんなに説明。

 

  

 

 

 

 

 

 

 


最初はノートブックに書くことが出来るので、聞いた問題を必死に書いて、

みんなで相談。計算。

そして答えるのは小学生。ボタンに向かって猛ダッシュ!

  

 

 

 

 

 


Balloon Carrying Game では、チーム内でペアになって、風船をJETの先生のところまで運んで行きます。

JETのところまで行くと質問があり、それに答えていきます。

質問は、もちろんすべて英語。
小学生用にだけ、簡単な問題が用意されていますが、中学生以上はもちろん英語。

「What is the purpose of your life?」

えーーーー?

日本語でも答えられないよーーー
          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Summer Campの最後は全員で記念撮影。

優勝チームは・・・
最後に逆転したGreen Team!

最後には3桁までいってしまったので、ボードには下2桁のみの表示。
だから採点ボードが発表されたときには、みんな「え?え?おかしくない??」

でも説明を聞いて納得。

キャンプ後に、
「色んな人と話したよ、英語話したよ、少しわかったよ、留学って外国って面白そうだね」

そんな声が少しでも聞こえてきたら、とても嬉しいと思います。

営利を目的とした企画ではありませんので、豪華賞品もありませんし、
ゲームも低予算で手作り感満載のもので作り上げられました。

また通常はフルタイムで学校勤務をしているJETの先生たち、
就職活動や学校生活に追われている大学生たちが時間を作って集まり、
プログラム企画から作業まで行ってくれました。

彼らのサポートが無ければ、到底ここまで仕上げることができなかったプログラムです。

このキャンプでは、チームメンバーと話し合いながら、気遣いながら進めていく場面、
また中高生以上のメンバーが小学生をサポートしている様子が多く見られました。

受け身ばかりではなくMC(ゲーム進行役)の場では、
小学生から大学生まで、一人一人が一生懸命に頑張る姿をとても多くみることができました。

皆の中で、楽しい思い出の一つになってくれたら嬉しいです。 お疲れ様でした!

 

投稿日:

Knox Summer Camp 2018 1st Day #1

2018年8月21日
キャンプがスタートしました。

現地集合と聖蹟桜ヶ丘駅集合にわかれてそれぞれが到着。
順調に10時にキャンプスタートとなりました。

これは小学生から大学生、そしてJETの先生たち、年齢も学校もそして国籍も違う人たちが一緒に行うキャンプ。

Green, Red, Purple, Yellowと4つのチームに分かれての対抗戦。もちろん小学生から大学生、JETの先生までがバラバラに組み合わされたチームです。
そのチーム対抗で行っていったゲームをいくつかご紹介します。

最初にミニアクティビティとして、色んな人と話してもらうために「2Truths & 1 Lie」各自2つの本当のことと1つのウソをいい、聞いた相手はどれがウソなのかを当てるもの。当てられたら相手からオハジキを一個もらいます。


 

 

 

 

 

 

 


小学生は日本語OK, 中学生以上は英語のみ。おはじきをゲットするためにペアを見つけてウロウロ。

その次には手つなぎゲーム。チーム毎に手をつないだままで回ったり捻ったりこんがらがります。コールが鳴ったら、輪に入っていないJETの先生が指示をしながら、その輪を元の状態に。

 

 

 

 

 


これから始まるたくさんのゲームは、小学生から大学生まで全員が、どれかのゲームMC担当になります。もちろん小学生も。
MCになったらそのゲームの内容、ルール、採点方法などをみんなに説明しなければいけません。英語で!

その内容を決めるための「MCミーティング」。JETの先生と大学生に助けてもらいながら、それぞれの担当ゲームの説明を誰が、何を、どう言うかを決めていきます。そのMCミーティングの成果は、この後のアクティビティに出てきます。

 

とっても楽しかったゲーム、大学生がMCをやってくれた「イヤーフォンガンガンゲーム」です。

 

 

 

 

 


一列になり最初の人がお題をもらい、イヤーフォンから音楽が大音量で流れてきて、聞こえない人へ伝えていくもの。聞く人は聞こえないので、一生懸命に口の動きを見て考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 


これはとにかく見ている方が面白い。言葉が変わっていく様子が見ていてゲラゲラ笑えます。
わかってはいるけど「え?聞こえない!大きい声で言って!」
だからそれでいいんだってば(^^;

イヤフォンの上から、ものすごい声の大きさで伝えたりして。

 

中高生がMCを担当したゲームの一つ、Drawing Game。
これはお題となるカテゴリーが出され、そのカテゴリーに沿った絵を一つ書きます。
何を書いているかはチームメンバーに見えないように。

終了後にチーム内で見せ合い、他のメンバーと重ならなかった点数分だけポイントがもらえます。


MCを担当してくれた中高生は、一生懸命にゲームを説明してくれました。
日本語に逃げてしまいがちなのに、自分の言える単語、言える表現で英語をとても頑張ってくれました。


「トリ」というお題では

中学生の書いた線だけのカモメと、
小学生の詳細に書いたカモメと、
え?これ同じトリ?

思わず絵を見て大爆笑も。

 

 

Knox Summer Camp 2018 1st Day-#2に続きます

投稿日:

アメリカからフランス人の方をお迎えしました

2018年7月24日イベント:

小学生対象イベントを行いました。アメリカに住むフランス人、MarijoさんがKnoxにお越しいただき、フランスのこと、アメリカのことを話してくれました。

まずみんなが驚いたことは、

【みんなが話してること、わからないの?】
【本当にわからないの??】

日本語がわからない、ということが理解できず、みんなの頭の中は???

それは、そうですよね。学校に来てくれる外国人先生たちも少し日本語がわかったり、片言で話してくれたりかと思います。しかし彼女は、まったく日本語がわからない。それ自体を理解することが、大変なKnoxのみんな。

 アメリカ・フランス・日本を世界地図で見せてくれました。

でもいつも見ている世界地図となんだか違う。。。

いつもは日本が中心にある世界地図を見ているからすぐに日本がどこだかわかるけれど、これはフランス(ヨーロッパ)が中心にある世界地図。

当然、フランスの学校ではフランスを中心に書いてある世界地図を見て、勉強するのです。

そしてたまご・犬といった簡単な単語でも、フランス語ではまったく音が違います。Marijoさんが発音した単語がどれなのか、みんな必死で聞き、答えを英語で言います。
早押しクイズで、当たったらクロワッサンを食べられる!とみんな必死。

フランス語の発音を真似して言いながらもうまく言えず、みんなゲラゲラ。全然違うんだねーと驚きの声があがりました。

日本を出なければ、私たちは世界には多くの国がある、そこには全く違う世界がある、と気づきにくい毎日を過ごしています。
SNSが発達し、テレビで日常的に外国の映像を見ているからこそ、わかっているようでその違いを目の当たりにすることは少ないかもしれません。

このようなイベントで得た経験が、そんな国際感覚を育む小さな機会にいつか繋がってくれたら、とても嬉しく思います。

 

投稿日:

Knox小学生・中学生 オンラインによる国際交流《BMS》

Knoxの小学生高学年クラス・中学生クラスは、2月から約5ヶ月間にわたり、オンライン交流・手紙交換を行いながら進めていたBayside Middle School(バージニア州)(以下BMS)との国際交流が終了しました。

BMSで日本語を勉強している中学生と、日本語・英語の2ヵ国語で交流。まずはオンラインで
自己紹介や他己紹介、それぞれの身の回りのものを紹介しあい、それぞれの投稿に質問を入れたり、自分への質問へ答えたり。

日本語と英語を両方話しながら進めていきました。

そして最後には何か手元に残る交流を、と相手校と話し合い、手紙の交換を行いました。

BMSからのお手紙には、学校のスティッカーやボールペン、パンフレットなどが同封され、Knoxのみんなへプレゼントされました。いただいたものは何でも、なんだかアメリカっぽくて、カッコよくて、パンフレットでも全部英語で書いてあることに驚き(当たり前なのだけれど…)のKnoxのみんなでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのプレゼントや手紙がどんな遠いところから来たのかを実感してもらう為に、生徒たちにGoogle MapでKnoxからBayside Middle Schoolを見ました。

 

みんなが今いるKnox(多摩市)から地図がどんどん縮小されて、東京、関東、日本・・・そして青い地球の裏側にでてきたBayside Middle Schoolに繋がると、

「うわぁぁぁぁぁぁぁ 遠いーーー」とみんな驚きの声。

BMS周りの街並みや住宅地の様子などを見ていくと、

「お庭が広ーい」「街がきれい」などの声もあがりました。

手紙の中にFront yard/Back yardというのが出て「前庭と裏庭」と聞いてもよくわからなかったのが、この様子からバッチリそれも理解できました。

BMSの皆さんからも「とても手紙を嬉しそうに見ていた。日本語を一生懸命にわかろうと読んでいた」と嬉しい声が届きました。BMSの生徒さんたちにとっても、Knoxの生徒は、学校の先生以外恐らく初めて親密にコンタクトをとった日本人になるのです。それはきっとKnoxの生徒たちにとっても同じこと。

 

英語を学ぶその先を感じて欲しいので、海外と繋がる機会をKnoxは出来るだけ多く提供しています。

みんなの「国際感覚」が少しずつ養ってくれたらと願っています。

 

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 19 開催報告

アメログ多摩Vol.19が無事に6/17に終了しました。

トピックは【英語習得を突き詰める!】
スピーカーで来てくれたLukeさんも「これは聞くだけ、座っているだけのレクチャーではありません」、と最初から宣言。

まずは隣の人とペアになって、質問しあうところから始まりました。

英語が使われている場所は世界中にあり、アメリカ、イギリスなどだけではなく、それぞれの場所でそれぞれのアクセントで使われています。5人の人が話す英語を音声だけ聞き、どの地域で話されている英語かを考えるクイズには、みんな真剣な顔で聞き入ります。

   

その後には、目隠しをしたひとに周りのチームメンバーがヒントを与え、カードに書いてある名詞をあてるクイズ。

中には「イクメン」という難しい問題もあったり、正解は「和菓子」なのだけれど、答えは「お団子」と惜しい!という回答もあったり。

 

その後、英語の歌を聞いて、スクリーンに書いてある歌詞の空欄を埋めるゲームでは、洋楽が得意な高校生や大学生が、大活躍。

英語を気軽に使いながら、楽しくチャレンジする気持ちになってくれたらとても嬉しく思います。

次回のアメログ多摩は、9月ごろに開催する予定です。

どうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 19

アメリカ大使館助成イベント
【アメログ多摩Vol.19】6月17日(日)開催!

ワークショップ:【英語習得を突き詰める!】

海外留学を考えた場合に、一番に誰もが頭に浮かぶのが《英語》。英語を克服するために留学、英語を克服したから留学、どんな意味での留学であったとしても、《英語》はついて回ります。

その英語の克服にはどうすればいいいのか?
他の人はどう克服しているのか?
自分のやり方はあっているのか?

色んな意味で他の人と共有すると「目からウロコ」があるかもしれません!

また今回のアメログ多摩は、ワークショップ型。いつもにも増して、アクティビティを多く取り入れていきます。アクティビティといっても難しいものではなく、英語をベースにしたゲーム三昧!英語による「連想ゲーム」かもしれないし、「伝言ゲーム」かも。
間違えても、出来なくてもお互い様。英語を話さずにはいられない(?)ゲームでレベルアップを狙います!

着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めに!

参加登録フォーム➡ 参加登録(別ウィンドウが開きます)

 

=========
◆Speaker
=========
Luke Harrison Holman

Luke H. Holman was born in Idaho Falls, Idaho in the USA. He attended Drake University in Des Moines, Iowa and studied accounting while he was there. He  earned both a bachelor’s degree and a master’s degree in accounting. After university, he worked for Iowa’s Office of Auditor of State (AOS), and obtained my Certified Public Accountant (CPA) license. In the summer of 2015, he moved to Yamanashi to be a high school ALT as part of the JET Program. he has been working as an ALT at a technical high school and an agricultural high school since moving to Japan. He enjoys travelling and has completed the 790km Camino de Santiago, has been to Iran, and has traveled in Southeast Asia. He also enjoy reading.

 

========
基本情報
========
開催日 2018年6月17日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205 email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

 

主催: NPO法人Knox English Network   

協力 :中央大学

共催 :在日アメリカ大使館

 

 

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 18 開催報告

アメログ多摩Vol.18が無事に4/28に終了しました。

トピックは【アメリカの国立公園とその環境保護】
今回も定員を上回る参加登録がありました。
ありがとうございました!

スピーカーはKelly。フロリダ出身で、フロリダにある国立公園、Evergladesをほぼ裏庭として育ってきたその環境を持つKelly、いろいろと国立公園の魅力を話してくれました。

アメリカにある、有名な国立公園な紹介からそれにまつわるTrivia Quizを交えながら進められていきました。

毎回のクイズのたびに、各グループで話し合い、どの答えが正解かみんなで考えていきます。まずはその質問がどこにも書いていないし、スピーカーが話してくれるだけなので、なかなか質問をきちんと理解することが難しい。。

みんなで必死に考えて、隣の人とブツブツ、ディスカッションリーダーにもう一回もう一回と質問を言ってもらった

り。各グループから活発な声や笑い声がたくさん聞こえてきました。

 

 

 

今回は、ディスカッションリーダーとして多くの人が参加してくれました。スピーカーのKellyはじめ、Inga, Mimi, Nate, そして Jamieありがとうございました!
今回は、アメリカ大使館文化交流部の石川乃侑里さんも学生参加者の中に紛れてこっそりと合流。難しい質問のときには、ディスカッションリーダーと一緒になって易しい英語に直して「何でこんなに英語が上手な人が?!」と、目が点の学生も。

最後の紹介のときにみんな納得。そんな方と会ってお話しできるのはモチベーションが上がりますよね。みなさんにとって、このアメログ多摩に参加して「英語にもっとチャレンジしていこう!」と前向きになるイベントにってくれたら嬉しいです。

また次回のアメログ多摩をご期待ください!

 

 

 

 

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.18

 

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.18】 4月28日(土)開催!

 

トピック 《アメリカ国立公園とその環境保護》

グランドキャニオン、イエローストーンなど有名な国立公園を持つアメリカ。
アメリカは世界で初めて国立公園制度を取り入れ、有料制で世界最高水準の自然保護システムを確立しています。
フロリダのエバーグレーズ国立公園の近くで育ち、フロリダ州立大学で自然環境を研究している学生が、国立公園の魅力とその環境について話してくれます。

一緒にその魅力に触れてみませんか?

英語で行う参加型ワークショップ。英語に自信がない人も環境問題に興味の無い方も楽しめる内容です。終わりにはアメリカ人ディスカッションリーダーとピザを食べながらワイワイ楽しもう!

先着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めにお願いします。

参加登録➡登録フォーム

=========
◆Speaker
=========
Kelly Soluri 
Born in the state of Florida in the United States, Kelly Soluri has been accustomed to having the Everglades wetlands as her backyard. Her passion is the environment and the ways that humans can affect it. She is currently in Japan to gain perspective on global sustainability while studying abroad at Waseda University. Kelly has experience in lobbying with the non-profit group Environment Florida.  She studies environmental sciences at Florida State University and has ambitions to one day work as a lawyer.

 

========
◆基本情報
========
開催日 2018年4月28日(土)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分  Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

 

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205  email: info@knoxenglish.com

 

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.17 開催報告

アメログ多摩Vol.17 終了しました!

今回のトピックは【日本アニメから見るアメリカ】

日本のアニメとアメリカのアニメの違い、またその
歴史やそれらの背景など様々なことを広く学びました。

アニメがどのように作られているか、という話では、実際に参加者一人一人が一か所ずつを加筆しあいながら一つの画を作り上げ、その工程をすべて写真撮影。

全員の加筆が終わったら撮影したすべての写真を繋げて、その工程を動画にして見てみました。それぞれが描いた画が繋がり、そのアニメを見ると全員「ほーーーー」の一言。

日本のアニメの特徴と、アメリカのアニメの特徴の違いを学んだあとには、画コンテがばらばらになったものを、話の組み立てを考えながら順番通りに並べていくもの。

これがなかなか難しい!
日本のアニメはセリフも入っているので簡単そうに思えましたが、どのグループもみんな四苦八苦でした。正解を見ても、全部の順番があっていたグループはなかったようです。

日本のアニメをアメリカで放映されるときには、おにぎりがサンドイッチ、十字架が石の壁、などに変わっていたり、それらの理由を知ると興味深く、多くを学んだアメログとなりました。

スピーカーのVictoria、ディスカッションリーダーとして来てくれた、Luke, Farron, Makauには本当に感謝!おかげでとても楽しく、有意義なイベントになりました。

来てくださった学生の方々、またKnox関係の保護者の方々も熱心に参加して下さったように思います。

是非、また遊びに来てください。お待ちしています!