投稿日:

【Global Talk!】Session-6 環境問題

このセッション6は、アメリカ側:Harvard University、Brown Universityの二校と日本側:Knoxとの2回目の交流になります。
トピックは【環境問題】となり、Knoxから参加生徒は全員が大学生になりました。

まず、6つのトピック、1) プラスチックごみ 2)食品ロス 3)エネルギー 4)異常気象 5)大気海洋汚染 6)その他、の中から自分が深く調べていくトピックを選びます。

そしてその自分が選んだトピックについて、【グローバルな視点から見た現状と問題、原因、具体的な対策】を調べ、一枚の【グラフを用いた説得性のあるスライド】にまとめ、A~Jの3校合同で作成されたグループ内で提出、共有していきます。
  

その後、それぞれに指定された日程の中で、時差を調整しながらグループ毎にビデオ討論を行う日程を決めていきます。この日程調整の役は、全グループともKnox生が担当。時差の関係でうまく全員が揃わないところもあり、Knox生は苦労して調整してくれていました。

やっと決定したグループトークがそれぞれ2週間の間の週末を使い、全10グループ行われました。

このグループトークでは、各グループごとに「グローバルな視点から、共通する原因は何か」を話しあい、「それを解決するための対策は何か?」「最優先されるべき対策は何か?」といったグループ毎の答えを一つにまとめます。

そしてこの後には、いよいよHarvard大学、Brown大学のメンバーとの合同会議です!
この3校の学生が、現在私たちが抱えている様々な環境問題について話し合い「環境宣言」を決定するのが、この合同会議の目的です。

 

Knoxは英語、Harvard, Brownは日本語のみで進めていきます。自己紹介を済ませたら、グループトークで出した意見をグループの代表が報告していきます。

「グローバルな視点から共通する環境問題の原因は何か」に対して出た意見の一つに【その原因は人間】という意見に全員が「その通り!」とうなづいていたのが印象的でした。

個人レベルでの対策については、教育が大切であることへの更なる周知や、SNSを利用して自らの活動を発信すること、そしてグローバルな視点では、他国の政策を知りお互いの意見交換ができる国際会議の必要性や、国をあげて再生可能な材料の開発をすることといった意見がでていました。

また、有名人が自ら環境問題について発信することの大切さなどがあげられ、SNSの影響が大きい現代社会を反映した意見もみられました。

そして最終的にこれからの対策を唱える「環境宣言」を分担して作成するために、Knox, Harvard, Brownと学校ごとに話し合い、決定していくのですが、Knoxは全員がオンラインでの参加のため、Zoom上で話し合いながら、Google Docを全員で共有して日本語・英語で仕上げていきます。

オンライン上でグループ作業をしていると、何も話さない、人任せにする、などの様子が日本人には少なからず見られがちですが、このKnox生は違いました。
意見を言う、付け加える、まとめた日本語の意見を英語に変換する、タイプしていく、それぞれが集中して全員が一つになって作業している、その様子がオンラインでの話し合いを聞いているだけで目に浮かぶようでした。

この環境問題は、人間が便利さや利益を追求した結果に起きている人間が引き起こしたものであることを認識し、世界レベルで情報を共有し、みなで協力して行動していくべきと宣言を作成し、合同会議は終了しました。

世界中の若い学生たちが、今回の合同会議のように世界の問題を意見を出し合ってともに考えていくことで、私たちの未来はよりよくなっていくのではないかと、強く感じました。

アメリカとの時差により、夜遅い時間に合同会議に参加してくれたKnoxのメンバーの皆さん、おつかれさまでした!皆さんがしっかり準備をして臨んでくれたので、とても充実した良い話し合いができたと思います。
短かったけれど、中身が濃く、求められるものも多く、深くあったこのセッション6。
本当によく頑張ったと思います。

今年度のGlobal Talk!の活動もあとわずか・・・この調子で頑張りましょう!

投稿日:

【Global Talk!】Session 5  Masters Schoolとの交流

今日は、Session 5で実施しているMasters Schoolとの交流の様子をご紹介します。

Masters Schoolとの交流は2019年12月~1月と2020年2月~3月の2回に分けて、それぞれ相手校の違うメンバーと交流します。

今までと大きく違うのは、今回の交流が、「日本語学習者」との交流ではなく、Masters校は「海外交流プログラム」の一環のため、使用言語は英語のみ。そして相手校から投稿されるビデオも、時間的には短いけれど完全にネイティブのスピードで話している部分が多く、リスニング力が試されます!

最初の投稿は自己紹介。
相手校からは、自分が住んでいる場所の紹介や、飼っている犬の写真を見せたり、写真を好きな食べ物や趣味の質問などが早口でどんどん続いていきます。
Knoxのメンバーはというと、こちらもかなり速いスピードでスラスラとメッセージを返しているメンバーもいて、頼もしい限りです。
“Your English is amazing!”と言ってもらえるシーンも多くみられました。

 

1つ投稿が入ると、お互いにメッセージを送り合い、投稿が続々と増えていきます。相手に興味を持ったところを質問して、それに相手が答えてまた質問して、アメリカと日本という遠く離れた国同士での会話が、まるで日本で普通に交わされている友達同士の会話のように違和感なくスムーズに交わされています。
話題は将来の夢や専攻科目など次第に広がり、弓道の説明をするなど文化の紹介につながるような投稿もありました。

 

自分の目の前にカメラを置きビデオで撮影をするのは日本語でも緊張するものですが、英語で話すのならなおさらです。
それでもKnoxのメンバーは回を重ねるごとに慣れていき、笑顔で楽しそうに話している様子がたくさん見られました。

日本で普段している何気ないおしゃべりが、他の国の人ともできる。
そしてそこには海外だからこその新しい発見と刺激がある。
その楽しさをお互いに共有できたのではないかと思います。

まだまだGlobal Talk!の交流は続きます。

 

投稿日:

【Global Talk!】Session-4, 5, &7

Session 4、Session 5ではBXCHS、そしてMasters Schoolとの交流が始まっています。
どちらの交流もFlipgridで実施。

自己紹介の投稿を入れると、どんどん相手校の生徒さんたちからの返答、質問が入ります。
それに一人一人が答え、また相手校の投稿に対してもコメントなどを入れていきます。


全ての会話は日本語・英語の両言語で。
すべて相手の学習言語、を先に話して入れていくことがルールです。
そうすると、自分の母国語を先にきいて学習言語を聞かずに、とはなりません。

 

またSession 6ではUNISの生徒さんたちとの交流が始まりました。

UNISの生徒さんたちとは今年度2回目ですが、前回と違うメンバーとの交流になります。
トピックは【和食/郷土料理】。Knoxの生徒は自分が選んだ《My Special Food》に関するプレゼンテーションを用意。

1/31の夜22:20より一対一でのディスカッション・発表を行いました。

:

うまく回線がつながらないなど、トラブルもありましたがほとんどのペアが発表終了。
日本語と英語を使いながら、みんな楽しそうに交流していました。

上記の写真は、UNISの皆さんがKnoxの生徒たちと交流している様子。
後ろ姿だけなので、楽しそうな雰囲気が伝わりにくいのですが、多くの生徒さんたちから
「またやりたーい!」との声が。

お互いの学習言語を使いながらの一対一のトーク、ぐっと相手を身近に感じられるいい機会です。

時差が大きいので大変ですが、出来る限りこのような機会を増やしていきたいと考えています。

次はBrown大学、Harvard大学とのSession6が始動します。

お楽しみに。

 

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 28 開催報告

1月19日(日)、America Dialogue Tama Vol. 28を無事開催しました。
多くの大学、高校が試験期間中だった中、参加してくださった学生の皆さん、ありがとうございました!

今回のテーマは「〇〇人の定義とは。多様性の時を迎えて」。
スピーカーのLauren Guz氏は、国際セキュリティ/協力/習慣を専攻し、現在は日本語を研究されています。

プレゼンテーションの冒頭は「国を構成する要素は何か」。
それは、アイデンティティと権利。
それらについてアクティビティを交えて掘り下げていきます。

まずは「自分のアイデンティティは何か」について。
紙の中央に自分の名前を書き、その周りに自分を構成する重要な要素を英語で書いていきます。


でも、自分のこと、わかっているようで実は曖昧だったりしませんか?
書き出してみると、何個か言葉は出てくるものの、そこから先がなかなか進みません。
そこでディスカッションリーダーやスピーカーが各テーブルをまわり、会話を交えて様々なヒントを出し、最終的にみんなの紙にはたくさんの言葉が並んでいました。


発表してくれたみなさんから多く聞かれたのは、日本人であること、出身地、趣味、好きな食べ物、学んでいること、性格など。自分はこういうことが大切だと感じているのだと、改めて気がついた人もいたのではないでしょうか。

次のお題は「自分にとっての日本とは、日本人とは」。英語で俳句などを作り、発表します。

日本って?日本人って?そもそも他と何が違うのか?
今まであまり考えたことがなく、まず日本語で自分の考えを引き出すことから始めます。
そしてそれを英語に置き換えて・・。
ウーンと考え込む姿も見られましたが、国際交流をしていくうえで欠かせない視点です。
治安が良い、礼儀正しい、その他にも様々な視点から意見が発表されました。

最後は、「日本人であることの権利には何があるか」。
自分の経験をもとに、グループ内でどんどん意見が出ていきました。
選挙権、各種の保険、裁判を受ける権利、永住権など、なかには自分たちが当たり前だと思っていて
気づいていなかったものもたくさんありました。

今回のトピックは、最初は少し難しそうにも感じられましたが、実際にプレゼンテーションを聞くと
思わずウンウンと頷いたり、ウーンと考える姿も見られるなど、みんなグイグイと引き込まれ、ディスカッションの時間は会話が弾み笑い声も聞こえてくるなど、とても楽しい時間となっていました。

最後に感想を発表してもらうと、「こういうことは今まで考えたことが無かった。」「日本語でも意見を出すのが難しいと思ったが、良いきっかけになった。」などの意見が多く聞かれました。特に無国籍の問題については、「そういう問題があることを知らなかった」「今まで考えてきた題材から派生する問題なのだと知って驚いた」という感想が聞かれました。このイベントで得られた経験が、みなさんの視野を広げ、国際交流の一助になれていたら嬉しく思います。

そして、難しいトピックだったにも関わらず、解りやすく丁寧にプレゼンテーションをしてくれたスピーカーのLauren Gazさん、忙しい中ディスカッションリーダーとして盛り上げてくれたSamee Siddiquiさん、Amanda Schiano di Colaさん、本当にありがとうございました!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 28 開催決定!

アメログ多摩Vol.28開催
《 〇〇人の定義とは。多様性の時を迎えて


日本人、アメリカ人、〇〇人とはどういう定義で使われている?その人の国籍、出身地、居住地、または第一言語によるのでしょうか。現代社会がどのように定めているかだけでなく、私たちのアイデンティティーをより理解するために、みんなで一緒に考えてみませんか?

アメログは英語をチャレンジするところ。
ぜひ英語が得意な方も、そうでない方も、遊びに来てください!
終わりにはピザを食べながらワイワイ。他の参加者の方と交流を楽しんでください。

参加申込は、先着登録30名まで。
お早めに登録を!
参加登録はこちらまで

=========
◆スピーカー情報
=========
Lauren Guz


Lauren graduated from the University of Michigan with a degree in Japanese Studies and International Security, Norms, and Cooperation. Now enrolled at the University of Michigan as a master’s student in Japanese Studies, she is currently studying the Japanese language at the IUC in Yokohama.

========
 ◆基本情報
========
開催日 2020年1月19日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205
email: event@knoxenglish.com  
HP: https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========

定員30名

中学生以上大学生まで 【参加費無料】

アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人などAmerica Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然!! まずは英語に気軽に触れてみることから始めてみませんか?

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。参加登録はこちらまで。

投稿日:

錦秋Kids X’masパーティー開催!

12月22日(日)、Knoxにて錦秋幼稚園の年中さん・年長さん合同でのクリスマスパーティーを開催しました。
ご家族の方を含めたくさんの方々にご参加頂きました。ありがとうございました!

パーティーの開始は、まずスノーボールを取るゲームから。

スノーボールを置いた毛布の周りをみんなで音楽に合わせて歩き、音楽が止まったらみんなもSTOP!ボールを1個取ってご家族のもとに戻りボールを開けます。
白いスノーをビリビリ、ビリビリ破り、中にたどり着くと…、アタリのボールにはキャンディーが入っていました!
早くボールを開けられた人は残っているボールを取りに行きます。
キャンディ―を何個集められたかな?と聞くと、「3個!」「5個もとれた!」と元気に教えてくれました。
      

次は世界の色々な国のクリスマスについて、ご家族の方も参加して頂きクイズに挑戦。
「ロシアのサンタさんは青い服を着る。YES or NO?」
「ウクライナでクリスマスツリーにつける飾りは、ネコとクモのどっち?」など、
みんながウーンと迷うクイズを出題。

どっちにしよう・・と迷いつつ答えを選び、正解が発表されると喜んだり、がっかりしたり。
とても楽しいクイズになりました。

また英語の歌を歌ったり、BINGOをしたり。
みんな真剣にカードを見つめ、BINGO!と大きな声で教えてくれました。

プレゼント交換では、みんなで円になって座り、音楽にあわせてプレゼントを右側の人に渡します。
音楽が止まったらみんなもSTOP!自分に来たプレゼントをあけて、「おそろいだ!」など、嬉しそうな声が聞こえてきました。

最後には、みんなで国際交流を行っているビデオを見ました。
日本語を勉強しているアメリカの小学生とビデオを送り合い、交流しています。

ビデオを流すとみんな自分が英語を話しているのを見て、そして自分が頑張っている姿をご家族の方に見て頂くことができて、嬉しそうな様子でした。
アメリカから送られてきたビデオも見て、「今の何て言ってるのかな?わかる人?」の質問に「ピザ」「イチゴ」と手を挙げて答えてくれました。

年末のお忙しいなかご参加くださいました、Knox生やご家族の皆様方、本当にありがとうございました。
今回のクリスマスパーティーが、みなさんにとって楽しい思い出の一つになってくれたら嬉しく思います。

どうぞ皆さま良いお年をお迎えください。

投稿日:

Knox Chrismas Party★2019

みんなが楽しみにしていたKnox Chrismas Partyが、12/22(日)開催されました。

Knox生に加え、Summer Campの参加者や、HPを見て参加してくれた方、そして、みんなに大人気サマーキャンプのチームリーダー、Adam先生とLucifer先生も来てくれました!

まず最初のゲームは「サンタクロースになりたいゲーム」

じゃんけんで勝っていくごとに、雪だるま→ソリ→トナカイ→サンタという順で進化していくゲーム。みんなでワシャワシャ。。
会場からは「まだソリまでしか進化してない~!」「やっとサンタになれた~!」などの声があがり、緊張も少しずつほぐれていったようでした。

そのあとは世界のクリスマスについて○×クイズ。
世界のいろいろなクリスマスの習慣や伝統に「えーー!!」と驚く声や、国や文化による違いに「おもしろいね」と興味をひかれたようすの感想なども聞くことができました。

椅子取りゲームが始まると、初めは恥ずかしがっていた子たちも、だんだん夢中になってきたのか、白熱した勝負が見られ、大いに盛り上がりました!

さて、次はお待ちかねのAdam先生とLucifer先生によるクイズです。

先生が、声を出さずに発音した言葉は何か?を当てます。
みんな先生の口元にじーーと注目。

先生が発音するときに、ついつい音がでてしまって…というハプニングもあり、みんな楽しく笑い合いました。

「名前当てゲーム」では、先生が選んだ「カテゴリー」の中のものを当てます。
参加者は、先生にYesかNoで答えれる質問のみが許されます。いくつか質問を繰り返して名前を当てます。

英語が分からなかったら、日本語で質問してもOK!の中、小学生低学年の子も一生懸命に知っている英語を使って聞こうとチャレンジする姿が見られたのが印象的でした。

最後にはお楽しみビンゴゲームを行いました。
11月にアメリカから購入してきた、なかなか日本では目にすることのない景品の数々に参加者たちは「かわいい~!」「これ何~?」と興味いっぱいの声をあげていました。

そしてパーティーの最後には、みんなが楽しみにしていた48人前のデコレーションケーキ、おかしやデザートを食べながら、先生やほかのメンバーと一緒にFree Talkも楽しみました。

あっという間に時間が過ぎ、参加者それぞれ思い出に残る楽しいクリスマスパーティーとなりました。

参加してくださった皆さん、MCを担当してくれた、Adam、Lucifer、そしてAsuka、どうもありがとうございました!

皆さん、2019年もKnoxのイベントに参加して盛り上げてくださりありがとうございました!
2020年も楽しい企画をたくさん考えていますので、またぜひお越しくださいね。

それでは、皆様よいお年を★

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.27 開催報告

《Accommodating Religious and Cultural Diversity in Japan》
【宗教や文化の多様性、どう考える?】

12月8日(日)アメログ多摩Vol.27を開催しました。
当日はとても寒い日でしたが、めげずに参加してくださった学生のみなさん、本当にありがとうございました。

今回のテーマは「宗教や文化の多様性、どう考える?」
スピーカーは、日米教育委員会 フルブライト・ジャパンの奨学金プログラムにより、現在慶応大学に留学中のBenjamin Freedmanさんです。学生たちのディスカッションを引っ張ってくれるディスカッションリーダーには、Bonnie FisherさんとSamantha Cosentino さんが来てくれました。 

オープニングは早速、”Two Truths and a Lie”というゲームからスタート。講師の自己紹介の文章3つの中に1つだけウソが混じっていて、どれがウソかを当てます。学生のみなさん、半数が正解でした!

次は学生同士でグループに分かれ、ディスカッションリーダーも参加して自己紹介に移ります。
大きな声で和気あいあいとした雰囲気で、会話がとても弾んでいました。

場が和んだところで、世界の宗教と文化について、また日本との違いについて講師のレクチャーが始まります。
世界には無数の宗教とそれに紐づく文化が存在していますが、中でも人口規模が多いのはキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教など。そして世界的には、信仰が非常に重要なことだと考えられていることなどが紹介されました。

ここで最初のディスカッション。テーマは、信仰による価値観の違いについてどう考えるか、それが自分自身や周囲の人の考え方を変えられるか。今回はディスカッションの時間を長く設定し、たくさん話してもらいました。日本ではハロウィーンやクリスマスは楽しいイベントの一つだけれども、海外では信仰上大切な日だ、などの意見が聞かれました。

次のレクチャーでは、実際に日本で多様性への対応が進んでいる例を紹介。
礼拝室が空港やデパートに設置され、ハラル対応のレストランが増えていること、旅行者はそれらの情報をSNSで共有して旅行プランを立てていることなどを知り、日本での様々な宗教や文化への対応についてどう考えるか、自身の価値観を保持したまま多様な人々へ思いやりを示すにはどうしたらよいか、ディスカッションをしていきます。

ディスカッションのなかでは、観光地では対応が進んでいるがそれ以外の地域ではあまり進んでいない、情報が分かりやすく発信されていない、レストランで注文するとき豚肉を抜いてほしいとお願いしたが対応してもらえなかった、などの意見が聞かれました。また、自分の学校での取り組みとして、同級生のためにみんなで礼拝用のSpecial roomを作った、SNSで情報交換をしているなどの例も聞かれました。

来年は東京オリンピックの年。様々な人が海外からやってきます。
その人たちのためにできることは何か?
海外から来た人が困っていたら、自分は何をしてあげられるか?

多様性を受容し、尊重し、一緒に生きていくこと。今回のアメログに参加したことで、そんなことを考えるきっかけになってくれたら嬉しく思います。

皆さん、お疲れ様でした!

投稿日:

【Global Talk!】Session-2 男女格差 Gender Gap<グループ会議>

Session-2最終の課題であるVideo Conferenceが12/3に行われました。時差で日本は23:00よりスタートと遅い為、出席希望者のみで設定しました。

参加メンバーからパネリスト2名が各校から選ばれ、スピーチをまとめます。事前に小グループで討論したものを基にしました。

国を越えて「男女平等の社会を実現する」という目標のために何ができるか討論し、グループとしての考えを導き出していきました。

これまでに行ってきた課題について、オンラインを通して対面で話し合うことにより、お互いへの理解や問題解決への考えがより深まったようでした。

会議はKnoxが話す時には英語でそれに対する質疑応答も英語、ハーバード/ブラウンが話す時には日本語になります。

全体のディスカッション時には言語の切り替えが難しかったり、言語を変えるのを躊躇したりする部分も見えましたが、それでもしっかり日本語の会話を英語に自分で切り替えたりすることもできていました。それらも良い経験では無いかと思います。

Session-2は、このビデオ会議で終了となります。Session-3がすでに始まっています。

投稿日:

★Knox Christmas Party のお知らせ★

今年もクリスマスの季節がやってきました!

クリスマスといえば、クリスマスツリーにサンタクロース、イルミネーションにクリスマスケーキ、プレゼント交換など、楽しいイベントが盛りだくさん。

Knox Christmas Partyでは、英語を使ったアクティビティなどを行い、また48人前の巨大なケーキや可愛いデザートを食べます!
みんなでクリスマスをお祝いしませんか?もちろん英語が苦手な人でも大歓迎です。

年に一度のクリスマス、Knoxのみんなと盛り上がろう! 先着30名の事前登録制ですので、登録はお早めに!!

参加登録 ➡ 登録フォーム

 

========
◆基本情報
========
開催日 2019年12月22日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205

対象:小学生~大学生
参加費:1000円(景品、飲食代として)
問い合わせ: event@knoxenglish.com

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。

参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)