投稿日:

【Global Talk!】Food and Me

Global Talk! 今年度最後のトピックは、「Food and Me (食べ物と私)」になりました。

自分を取り巻く食べ物について、それぞれ紹介や説明をし、お互いに質問を出し合って理解を深めていきます。
食習慣は、国や文化によって違うのはもちろん、同じ国内においてもそれぞれの家庭のバックグラウンドにより異なります。
食べ物は身近でありながら、あまり深く話し合うことのないトピックですので、どのような展開になるのか楽しみです。

次には、お互いの【おススメのお店】を、Google map上で紹介しあい、まるで他国のお店に遊びに行っているかのように発表していきたいと企画中です。

数年前には考えられなかった海外との交流、ここまで身近に感じあえることが出来るTechnologyに感謝!ですね。

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.17 開催報告

アメログ多摩Vol.17 終了しました!

今回のトピックは【日本アニメから見るアメリカ】

日本のアニメとアメリカのアニメの違い、またその
歴史やそれらの背景など様々なことを広く学びました。

アニメがどのように作られているか、という話では、実際に参加者一人一人が一か所ずつを加筆しあいながら一つの画を作り上げ、その工程をすべて写真撮影。

全員の加筆が終わったら撮影したすべての写真を繋げて、その工程を動画にして見てみました。それぞれが描いた画が繋がり、そのアニメを見ると全員「ほーーーー」の一言。

日本のアニメの特徴と、アメリカのアニメの特徴の違いを学んだあとには、画コンテがばらばらになったものを、話の組み立てを考えながら順番通りに並べていくもの。

これがなかなか難しい!
日本のアニメはセリフも入っているので簡単そうに思えましたが、どのグループもみんな四苦八苦でした。正解を見ても、全部の順番があっていたグループはなかったようです。

日本のアニメをアメリカで放映されるときには、おにぎりがサンドイッチ、十字架が石の壁、などに変わっていたり、それらの理由を知ると興味深く、多くを学んだアメログとなりました。

スピーカーのVictoria、ディスカッションリーダーとして来てくれた、Luke, Farron, Makauには本当に感謝!おかげでとても楽しく、有意義なイベントになりました。

来てくださった学生の方々、またKnox関係の保護者の方々も熱心に参加して下さったように思います。

是非、また遊びに来てください。お待ちしています!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.17

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.17】 1月21日(日)開催!

トピック 《日本アニメから見るアメリカ》

今では大きな日本産業の一つとなった、日本のアニメーション。
日本のアニメを通して日本を好きになり、日本語を勉強するきっかけになった外国人も多くいます。

どうして日本のアニメは海外で広がったのでしょうか?
日本のアニメとアメリカのアニメの違いは?
日本のアニメがアメリカ文化にもたらした影響はどんなこと?

アニメを通して、日本とアメリカ文化の違いを見てみませんか?
英語で行う参加型ワークショップ。
英語に自信がない人も、アニメに興味のない人も大歓迎!

終わりにはアメリカ人ディスカッションリーダーとピザを食べながらワイワイ楽しもう!

着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めに!

参加登録フォーム➡ 参加登録(別ウィンドウが開きます)

 

=========
◆Speaker
=========
Victoria Pierre

Victoria Pierre left her home in Virginia for Japan in 2015 as part of the JET program, and is currently teaching English at Rikkyo Ikebukuro Junior High School. She recently graduated from Yale University, double-majoring in East Asian Studies, with a focus on Japan, and Studio Art, with a focus on animation. The intersection of art and storytelling are of particular interest to her, especially as they play out in various cultural settings.

 

========
基本情報
========
開催日 2018年1月21日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205 email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

 

主催: NPO法人Knox English Network   

協力 :中央大学

共催 :在日アメリカ大使館

 

 

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com

投稿日:

【Global Talk!】⑨My Story

Global Talk!の、新しい交流が始まりました。
今度は、Social Issueから少し離れて、自分たちのことについてのTopicになります。

家族や住んでいる街、学校・部活・アルバイトなどの自分をとりまく日常生活について紹介していきます。

Global Talk! メンバーは、それぞれの学校の時間割や地元で行われるお祭り、また好きな食べ物やボランティアなど、それぞれ興味のあることや普段の暮らしについて投稿をしました。

自分がどのような暮らしをしているのか、相手が何に興味があるのかといったことを改めて知り、
意識することなく過ごしていた日常生活について振り返る機会になると思います。

また投稿を通して文化や、暮らしの違いなどを身近に感じることだけでなく、自分についても新たに再発見があったのではないかと思います。

 

前回のとはまた違う今回のトピックも積極的に、意見交換を楽しんでほしいなと思います。

 

 

投稿日:

【Global Talk!】⑧ACTFL学会での発表を終えて

11/16-19にNashville, TLで行われたACTFL《American Council on the Teaching of Foreign Languages》全米外国語教育協会にてこのGlobal Talk!のプログラム内容を発表してきました。

発表は、交流を行ったUnited Nations International School, NYの田中先生、Noble and Greenough Schoolのグラハム先生、とKnox東京からは大久保の3名にて実施。

時差がありながらも、ボストン・NY・東京と離れた場所からのビデオ会議でミーティングを重ね、3校にて作り上げてきたこのプロジェクト。それに頑張ってついてきてくれた生徒たちの為にもいいものにしたい、と思ってきました。

ナッシュビルで3名のプレゼンターが集まってからも、セミナーの合間を縫ってリハーサルを行い、本番に臨みました。中身の濃いプロジェクトだったのでいいコメントも多くいただけたものになりました。

嬉しいお知らせが一つ。
このプロジェクトを一緒に行い、ACTFLでの発表もご一緒させていただいた、Noble and Greenough Schoolのグラハム先生がAATJが選ぶベストティーチャーのお一人に選ばれました!

とても熱意があって常にクラスのこと、生徒のことを考えていらっしゃるグラハム先生、Knoxは既に5年近く交流をさせていただいていますが、いつも沢山のことを学ばせていただいています。

ご一緒させていただいたことはとても光栄です。
そして、まだまだこれからもご指導のほど、宜しくお願い致します。

アメリカのThanksgivingのお休みの後、また別のトピックにてGlobal Talk!は再開します。

投稿日:

【Global Talk!】⑦最終発表・PR動画の作成

いよいよグループ毎にVoice Thread上で最終発表。

グループは全部で5つ。
政治・賃金・メディア・育児・管理職。

この5つの側面から【ジェンダー平等を実現する】ためのPR動画をグループ毎に作成しました。

作成条件は、
①ジェンダー平等を実現させる地は《未来の地》とする
②PR動画には《他国・自国が抱える問題の解決》を含める
③同内容のものを《英語・日本語》の2バージョン作成し、計3分以内とする
④一つのスライドに2文以上入れ、一人2回以上は話す

形式は自由とし、例としてCM動画・四コマ漫画などを提示しました。

政治グループの英語バージョンでの最終発表をご紹介します。

政治グループだけでなく、それぞれのグループが深く問題点を考え、それを解決するには
どうすればいいのか、その解決策を含めたPR動画が作られました。

言葉の問題、時差の関係で充分に話し合いが出来ない、そんな中でどんな形式で発表するか、
役割分担はどうするか、セリフは、状況設定は、などと多くのことを話し合いながら、
アメリカ側と日本側の生徒たちが考え、一つのものを作り上げてきました。

 

投稿日:

【Global Talk!】⑥グループディスカッション

メンバーは、最終発表であるPR動画の作成に向けての話し合いを、ボストン・NY・日本の三校合同でビデオミーティグを行いました。(Google Hangoutsを使用)
アメリカと日本の時差の為に、行えるのは週末のみ。日本朝⇔アメリカ夜、またはその逆のパターンのみです。グループ全員のをスケジュールをあわせることが難しく、複数回のミーティングは行いないことから、いかに一度のミーティングを効率的に進めるかがカギ。

よって、事前に一人一人が《どのような動画を作成したいのか?》というアイディアを出し、それをグループ内で共有《Google Docsを使用》した上で、その実際のミーティングの際には《誰のアイディアを採用するか?》と具体的な内容で始められるように設定しました。

ビデオミーティング《Google Hangouts》の際の注意点はひとつだけ。

【言語はどちらでもいい。ただし相手のTarget Languageに気を配ること】

これは母国語が違う人と話すときには必ず気を付けなければいけない点であり、自分の使いたい言語が相手の得意とする言語なのか、ミーティング自体をどちらの言語で話した方が効率がいいのか、様々なことを考え、相手を気遣う必要があるからです。

多様性の中で活動する経験を、このプログラムを通して多方面から感じることが出来たら、と思います。

ビデオミーティングはとても効率よく進みました。政治グループの一部分をご紹介します。

 

このミーティングですべてが決定できなかったグループは、自主的に共有していたGoogle Docsのノートを使用し、NY・ボストン・日本で更に話し合いを進めていきました。

 日本語・英語を交え、三校でいい形でのディスカッションが進んでいます。

投稿日:

2018年度生 新規クラス募集が始まります!

Knox English Networkの2018年度生
新規クラス 4月スタート

英語を単に机の上の勉強として終わらせるのではなく、実際に生きた言語として使えるように
Knoxは、独自のメソッドで真の英語力を育てていきます。

●新・小学生低学年クラス (火) 16:00-16:50
●新・小学生高学年クラス (水) 16:45-18:00
●新・小6・中1年クラス  (水) 18:15-19:30


【小・中学生の英語勉強法セミナー】

英語の勉強って何から始めればいい? 英語を好きにさせるには?などの疑問についてや、
Knoxの英語学習メソッドやクラスの詳細をお話します。

小学生向けのミニクラスで体験もできるので、ぜひ親子でお気軽にご参加ください!

日時
①2018年1月8日(月・祝) 15:00~ (定員の為〆切
②2018年2月10日(土) 15:00~ (定員の為〆切

③2018年3月17日(土) 15:00~

⇒ご好評につき、追加開催が決定しました! なお、セミナー開催日に都合がつかない方も
個別に対応できる場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ご予約フォーム(別ウィンドウが開きます)

2018年度生 新規クラス募集要項(PDFファイル)2018 はじめての英語 A4-2

 

投稿日:

ハロウィン@錦秋幼稚園英語クラス

早いもので11月に入りました!

先日のクラスはハロウィンについても習いました。
いつもと違い、仮装して現れた先生に「それは何の仮装なのー?」と生徒たちは興味津々で大喜びでした。

“Ghost” や”Jack-o’-Lantern”、”Trick or Treat”などのハロウィンにちなんだ言葉も新しく学習しましたが、
最近では、日本でもハロウィンのイベントなどが開催され身近になってきたこともあり、こどもたちは
楽しんで、あっという間に覚えてしまいました。

4月から始まったこの英語クラスですが、初めはもじもじとしていたこどもたちが、どんどん積極的に
発言できるようになり、英語を自分のもう一つの言葉として自然に吸収していっている姿に私たちも
感動しています。

 

これからも、たくさんの英語を楽しく身につけていってほしいと思います。

投稿日:

【Global Talk!】⑤個人でのVT投稿・発表

Global Talk!の全メンバーが5つのカテゴリーに分かれ、それぞれの分野でGender Equalityを調べました。

カテゴリーは、メディア・政治・育児・賃金・管理職の5つに分かれます。それぞれの中での現状や問題点を各自で調べ、発表をVT上の投稿で行いました。

発表の内容には、
①問題点を示すデータ ②その問題を解決している国のデータ ③自分で考える解決策 を示す必要があります。
同じカテゴリーの中でも様々な角度からの発表が揃い、とても興味深い発表となりました。

例えばメディアのグループでは、メディア業界で働く人の男女比に着目した発表があれば、メディアがジェンダーを作り出している現状、またメディアの中に登場している女性を取り上げた発表など様々なものがありました。

 

 

 

これは、学校での授業の一環ではありません。Knoxからの参加者は、通う学校も地域も学年も違い、それぞれの学校生活や行事、部活やサークルなど日々の生活に追われた、忙しい学生たちです。よってこの活動をさぼっても、彼らは学校の成績が落ちるわけでも単位を落とすわけでもありません。

それにも関わらず、厳しい期日を守って、社会が抱える問題を自分なりに調べて考え、そしてそれを英語にして発表する。この繰り返しの大変な作業をこなしている学生たちをとても誇りに思いますし、出来るだけこの交流・活動が彼らにとって意味深いものになるよう企画しなければ、と思わずにはいられません。

彼らは今週末より、グループ内でのディスカッションに入ります。日本・NY・ボストンと3地域を繋いでのディスカッションなので、日程調整が大変でしたが、いいディスカッションが出来ることを願っています。