投稿日:

America Dialogue Tama Vol.25 開催報告

Ethnic Diversity and Multiculturalism
【人種と多文化共生】

7月7日(日)に無事にアメログ多摩Vol.25が終了しました。
梅雨の真っただ中でお天気の悪い日曜日、多くの学生が参加してくれました。

まずは、自分たちの「思い込み」テスト。
様々な服装、肌の色、ポーズなどで撮られた人の写真を次々に見ながら、その人は「何人?」かを当てます。

最初は安倍首相はアメリカ人?日本人?など、そんなの当然でしょ、といった問題から、
どんどんと難しい問題になっていきます。

外見から見るとアジア人、だけれどもとても有名なアメリカ人の俳優さんだったり、正解率も下がっていきます。

 

次はアメリカの「多様性」について、身近な食べ物と言語を題材に考えていきます。

「アメリカの食べ物ってどんなもの?」の質問に、「ハンバーガー、ピザ」など。
実はハンバーガーはドイツ、ピザはイタリアが発祥の食べ物で、もともとアメリカの食べ物ではないよ、という答えにみんな「確かにそう!」の反応。

「アメリカの公用語は何語?」の質問には「英語」。
確かに英語がく使われていますが英語を話さない人もたくさん住んでいます。
アメリカの交通標識の写真を見せてもらうと英語以外にスペイン語やフランス語などほかの言語もたくさん書かれていました。

 

グループディスカッションでは、「Diversity」って何だろう?
「Diversity」がある利点は?またその反対に、都合の悪い点は?

グループ毎に”Difficulties”と”Benefits” 両方を挙げていきます。

“Difficulties”は言語や文化が違うとコミュニケーションが難しくなること、
“Benefits”は外国語スキルが上がって文化や考え方など新しい発見が得られることなど、
グループ毎に話し合った内容を発表しあい、みんなで共有していきました。

 

最後は、多様性を楽しむためには? アメリカと日本の多様性の違いは?

「っぽい」ってよく言うけど、それってステレオタイプに嵌める言い方だよね。

日本では「外国人」ってよく使うけど、アメリカではあまり言わない。なぜならみんな「外国人だから」。

「外国人っぽい」っていう言い方をするけど、外国人には色々な国の人がいて背景も様々。
一つのイメージにはまとめられないはずなのに、それってなんだろう?

「日本人か、日本人でないか」。まずはその見方から変えていってみよう。
それができたら、次は「Don’t judge a book by its cover」”見た目で判断せず、まず背景を理解しよう”。

最後のディスカッションは普段より長い時間を割いたのですが、
みんな普段から感じていたこと、考えていたことがたくさんあって、とても活発なディスカッションになりました。

 

今回のスピーカーは日本語がとても流暢だったため、イベント終了後に特別に日本語での質問時間を設けました。
「外国人として扱われて嫌な時は?」「外国人には何語で話しかける方がいい?」など、率直な質問が多くみられました。
外国人と一つに捉えてしまいがちだった気持ちに気が付くことも多く、実りの多い時間になりました。

このプログラムに参加したことで、個々の多様性を受け止める変化が生まれてくれたら嬉しいです。
そして、英語でのコミュニケーションをもっと頑張ろう、色々な国の人と話してみよう、発言を以前よりしてみようそんな気持ちが少し芽生えてくれたら、と思います。

参加者の皆さん、お疲れさまでした!
そして、多忙な中、60枚以上ものスライドのプレゼンテーションファイルを準備し、
とてもフレンドリーで楽しいプレゼンテーションを行ってくれたMr. Craig, 本当にありがとうございました。

次回のアメログ多摩は9月に開催予定です。どうぞお楽しみに!

投稿日:

【ボランティア募集 !】幼稚園English Camp

幼稚園English Camp 夏期英語特別クラスのボランティアを募集します!

開催日 :8月5日(月)・8月26日(月)
集合時間:9:30AM
集合場所:提携 幼稚園正門前
     (京王線永山駅より徒歩5分)
持ち物 :飲み物・うわばき
内容  :幼稚園児の先生サポートとして参加。
     園児と一緒に英語のゲームなどを行います。

 

【幼稚園English Campとは】
英語を学んでいる生徒同士を、先生・生徒として繋ぐKnoxのプロジェクトの一つ。
幼稚園生は、普段のクラスと違う、高校生や大学生の
お兄さん・お姉さんと一緒に遊ぶこのキャンプを楽しみにしています。

英語教授又は児童教育・保育に興味のある方に、いい経験を得てもらえたら嬉しいです。

 

定員:10名《2日間両日、参加可能な方を優遇します》

謝礼:スターバックスのギフト券 プレゼント! 

 

【応募方法】
 admin@knoxenglish.com へ件名に【幼稚園での英語先生インターンの応募】と記入し

①名前 ②学校名 ③学年 ④電話番号 ⑤参加可能日 

を添えてメールをお送りください。
たくさんのご応募をお待ちしております!

—————————————————————
NPO法人 ノックスイングリッシュネットワーク
在日アメリカ大使館助成団体

Tel: 042-400-7205 (平日10:00-18:00)
〒206-0002
東京都多摩市一ノ宮4-1-31チェリーヒルズ能登 203号

投稿日:

ゲスト講師を招いてSpecial Classを開催しました!

2019年6月10日/12日イベント:

小学生と中学生対象のイベントを開催しました。ゲスト講師は、カナダの大学を卒業後にカナダで働き、現在早稲田大学に通っている中国出身の方です。中学生クラスでは英語のみ、小学生クラスでは英語と日本語を交えて、中国・カナダ・日本の言葉や国の違い、文化の違いなどを話してくれました。

 最初に紹介してくれたのは出身地の中国・上海。みんなの好きな「あの食べ物」は、もともとは上海の食べ物だよとか、日本では制服を毎日着るのが普通だけど、上海ではそれは普通じゃないよ、など。身近な話題でみんなの興味がわいていきます。

 

カナダの大学や街も紹介してもらいました。日本では新学期は春から始まるけど、カナダでは秋から始まるよ。キャンパスは山の上にあって森に囲まれているから動物がたくさんいるよ、この動物は英語で何て言うのかな?の早押しクイズに、みんなでボタンの争奪戦。発音やアクセントも教えてもらい、みんなで練習しました。

 

みんなは英語を聞き取ろう、理解しよう、英語で質問しようと、とても頑張ってくれました。それはとても大きなチャレンジだと思います。

日本にいると「普通」「あたりまえ」だと思っていることが、他の国では「普通じゃない」。世界には日本とは違う色々な考え方があるのだということを知り、理解することは国際感覚を育むうえで欠かせない資質ですが、普段そのような機会は少ないかもしれません。

今回のイベントの経験が、世界に関心を持ち国際感覚を育むきっかけになってくれたら嬉しく思います。

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 25 開催決定!

アメリカ大使館イベント アメログ多摩Vol.25開催
Ethnic Diversity and Multiculturalism
【人種と多文化共生】

世界には、多くの民族や文化が存在しています。

アメリカは、人種のるつぼとも呼ばれているほど多文化共生の国として有名ですね。

このような多様性は、人々の生活や社会にどのような影響があるのでしょうか?
また、自分とは違う文化背景を持つ人々とお互い理解しあい、共生していくために私たちには何ができるでしょうか?

一緒に考えてみませんか?

アメログは英語をチャレンジするところ。
ぜひ英語が得意な方も、そうでない方も、遊びに来てください!
終わりにはピザを食べながらワイワイ。他の参加者の方と交流を楽しんでください。

参加申込は、先着登録30名まで。
お早めに登録を!  参加登録はこちらまで

=========
◆スピーカー情報
=========

Craig Joiner

Craig Joiner is a recent graduate of Rice University located in Houston, Texas USA. There, he studied Materials Engineering as well as International Relations (Asian Studies). Craig has a strong passion for foreign language as well as service-work abroad. He has worked on projects geared towards improving education and social programs for children in Salta Argentina, Nanjing China, as well as Miami USA. He hopes to work for the United States Department of State as a Foreign Service Officer, using his language abilities and love of people to improve international relations and the standard of human rights on a global scale. Craig has been in Japan since May of 2018 and is now studying international law and politics at Keio University until the end of July. He recently served as a committee member for Earth Festa Kanagawa, the prefecture’s largest multicultural event. Craig is also a member of the Keio Volleyball circle “KVA” and loves to travel the country exploring Japanese culture!

 

========
 ◆基本情報
========
開催日 2019年7月7日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========

定員30名

中学生以上大学生まで 【参加費無料】

アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人などAmerica Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然!! まずは英語に気軽に触れてみることから始めてみませんか?

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。参加登録はこちらまで。

 

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.24 開催報告

《How to Deliver an Investor Pitch》
アメリカでビジネスチャンスをつかめ!

2019年6月9日、無事にアメログ多摩Vol.24が終了しました。
今回のアメログは、アメリカでビジネスを始めるとしたら、というケーススタディを主としたイベントを行いました。スピーカーのMs. Bernierは、アメリカで数々の企業マネジメントの経験をもつエクスパート。
まず最初に、ビジネスを始めるためにはどんな項目を考えていかなければいけないか、一般的なことから具体的な内容まで幅広くお話を伺いました。

まず初めに、自分が【好きな企業、あまり好きではない企業】とはどういう企業か、そう考えるのは何故かということをグループに分かれてディスカッションを行いました。
ディスカッションではリーダーとなってくれるJETの先生たちを中心に話し合い、一人ひとり自分の考えを皆とシェアしていきます。

グループ毎の発表では、自分たちが《好きな企業》と上げた名前が他のグループでは《好きではない企業》に入っていたり、またその逆があったり。様々な見方によって意見が分かれ、興味深い発表が聞けました。

英語は得意でも、不得意でも、関係ありません。

自分のできる範囲の英語を使って、一人ずつ一生懸命に言葉を選び、皆に伝えていきます。
このアメログ多摩は、英語をチャレンジする場所。
間違えても、自信がなくても声に出していきます。

 

 

次のディスカッションは、みんなが起業するビジネスを考える、がテーマ。どんなビジネス、マーケットリサーチ、資本金、企業名、立地、どんな人と働くか、マーケティングはどうする?ロゴは?など、具体的に考え、皆で考えを出し合っていきました。

グループ毎の発表では、同業者が他のグループにいたり、またそのターゲットが違ったり。ニッチを狙った業種など様々な興味深い発表が見られました。

最後には、アメリカで学生が実際に起ち上げたビジネスの例を紹介していただきました。学生ならではの発想でビジネスチャンスをつかみ、ビジネスを大きく展開している例など、とても学生には興味深かったのではないかと思います。

今回のイベントは、いつもよりも若干ディスカッションに多く時間を割いたイベントになったのですが、終了後のアンケートには「もっとたくさん話したかった!」「もう少しディスカッションタイムが長い方が良かった」などとの声もあり、驚きと共にとても嬉しく思いました。
「もっと英語を頑張ろうと思った」という声もたくさん寄せられました。このプログラムへの参加がその気持ちを押す一片に少しでもなったのなら、とても嬉しいです。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。
そして、多忙な来日中の貴重な時間を割いてプレゼンテーションを準備し、学生にわかりやすいプレゼンテーションを行ってくれたMs. Bernier、また学生のディスカッションを引っ張ってくれたリーダーたち、本当にありがとうございました。

Dear Ms. Bernier, Nate, Sam, Catharine, Jeremy, and Sei,
Our event wouldn’t have been successful without your support.  Thank you for your contribution to the Japanese students.
  
次回のアメログ多摩は、7月に開催予定です。どうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 24 開催決定!

アメリカ大使館イベント アメログ多摩Vol.24開催
《How to Deliver an Investor Pitch
アメリカでビジネスチャンスをつかめ!

 

アメリカでビジネスを始めるとしたら、どこで誰と会う? どんなビジネスが自分には合っている?効果的なプレゼンとは?

数々の起業マネジメントの経験をもつスピーカーをボストンよりお迎えし、アメリカでの起業や運営について幅広くお話を伺います。
自分にあったビジネスチャンスを見つけることが出来るかもしれません!

アメログは英語をチャレンジするところ。
ぜひ英語が得意な方も、そうでない方も、遊びに来てください!
終わりにはピザを食べながらワイワイ。他の参加者の方と交流を楽しんでください。

参加申込は、先着登録30名まで。
お早めに登録を!  参加登録はこちらまで

 

=========
◆スピーカー情報
=========
Michele Bernier
Michele Bernier has a Mechanical Engineering Bachelors of Science degree with a minor in Mathematics from the University of Massachusetts at Lowell and a Masters degree in Business Administration from Boston College. She has 20+ years of experience working with start-up companies and researchers with life sciences, clean energy, IT, etc. technologies.

 

========
 ◆基本情報
========
開催日 2019年6月9日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========

定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人などAmerica Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然!! まずは英語に気軽に触れてみることから始めてみませんか?

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。参加登録はこちらまで。

 

投稿日:

UNIS 2019 Student Haiku Contest

Knoxより1名ファイナリストが選ばれました!

先日、Haiku Contestを主催しているUNISよりコンテストの通知が届きました。
Knoxよりエントリーした中から、ファイナリストが選ばれた、とのことでした。

Global Talk2018-19の参加者のうち小学生~高校生を対象として、KnoxからこのUNIS Haiku Contestに応募したのですが、このコンテストはUNISが主催し、国連日本政府代表部、国際交流基金、講談社インターナショナルなどが共催しており、20年以上の歴史を持つ由緒あるコンテストです。世界中から応募があり、今回は、600句以上の俳句がエントリーされました。

https://www.unis.org/beyond-the-classroom/student-activities/conferences-and-contests

今回、高校生部門の中のファイナリストの一人に選ばれたのは、佐野智咲さん、です!

6月にNYのUNISで開かれるAward Ceremoneyの式典への招待状をいただいています。

おめでとうございます!
Knoxのスタッフも一同、大喜びしました。ファイナリストに選ばれた俳句はこちら。

Global Talk!の活動もいつも積極的に、きちんとこなしてくれた智咲さん。
おめでとうございます!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.23 開催報告

《アメリカの大学制度を知る》

今回のアメログは、アメリカの大学入試について。日本の受験とどう違うのか、なにを重視され合否が決まるのか、など一般的なことから具体的な内容まで様々なお話を伺いました。

スピーカーのBonnieはアメリカの大学入学に関係する部署での経験をもつエクスパート。
参加者の学生たちもみんな興味深く聞いていました。

 

アメリカの大学の種類(四年制や二年制)、留学のしかた(長期・短期)や英語が第一言語でない留学生に求められる英語資格テストなど概要的なことから、どんな人物が求められるのか、もし成績などが全く一緒の2学生がいた場合、どんなことを基準にして判断されるのか、など興味深い話を聞くことができました。

グループごとのディスカッションでは、ディスカッションリーダーとなってくれるJETの先生たちを中心に、話し合っていきました。
自分が持っている【海外留学への印象】はどういうものか、エッセイをもし自分が書くならどんなトピックを選ぶか、など一人ひとり自分の考えを皆とシェアしていきます。

 

英語は得意でも、不得意でも、関係ありません。
自分のできる範囲の英語を使って、一人ずつ一生懸命に言葉を選び、皆に伝えていきます。
このアメログ多摩は、英語をチャレンジする場所。間違えても、自信がなくても声に出していきます。

一生懸命に学生たちに英語がわかりやすく伝わるよう、工夫をして発表してくれたBonnie.
そんなふうにしてくれるスピーカーは、そうはいません。
とても感謝しています。ありがとうございました!

遠くから駆けつけてくれ、学生のディスカッションを引っ張ってくれたリーダーたち。

Brenden,  Jamila,  Samantha, and Crystal, we can’t thank enough all of you!
Our event wouldn’t have been successful without your support.  Thank you for your contribution.
 
次回のアメログ多摩は、6月に開催予定です。どうぞお楽しみに!

  

 
投稿日:

America Dialogue Vol. 23

アメリカ大使館イベント アメログ多摩Vol.23開催
【アメリカ 大学の制度・日本の受験とどう違う?】

アメリカの大学と一口にいっても公立、私立、二年制、四年制など様々な種類があります。またそれらの入試内容も日本と大きく異なります。

アメリカの大学はどんなところに着目して学生の合否を決定するのでしょうか?

アメリカの学生にとっても大きな人生の岐路である大学受験。さまざまな高校生を適した大学へと導くアドミッションカウンセラーを経験してきたスピーカーをお迎えし、そのお話を伺います。
 

アメログは英語をチャレンジするところ。
ぜひ英語が得意な方も、そうでない方も、遊びに来てください!
終わりにはピザを食べながらワイワイ。他の参加者の方と交流を楽しんでください。

参加申込は、先着登録30名まで。
お早めに登録を!

※定員に達しましたので、申込受付を締め切らせて頂きました。
(キャンセル待ちも多数になったためお受けできません。)
たくさんのエントリーをありがとうございました。

参加登録はこちら。別ウィンドウが開きます。

=========
◆スピーカー
=========
Bonnie Ewart-Fisher
カンザス州立大学にてアジア文化を研究し卒業。現在は群馬県高崎市の学校で現在JETプログラムによるALTとして勤務。アドミッションカウンセラーとして多くのアメリカの高校生を適した大学へ導いてきた経験をもつ。

Bonnie Ewart-Fisher is currently an ALT working at an elementary school in Takasaki City, Gunma Prefecture. She graduated from the University of Kansas with a degree in East Asian Languages and Cultures and a minor in history, where she wrote an honors thesis about the representation of femininity and prostitution within 17th century Japanese literature. As a recipient of the Department of Education’s Foreign Language and Area Studies Fellowship, she also studied Japanese literature and history at Sophia University in Tokyo. After working with high school students from across the US as an Admissions Counselor, she moved to Japan to begin work as an ALT. 

 

========
◆基本情報
========
開催日 2019年4月27日(土)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========

定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人などAmerica Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然!! まずは英語に気軽に触れてみることから始めてみませんか?

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。参加登録はこちらまで。

投稿日:

GYP#6: Day 10-11

とうとうGYP♯6、最終日。

7人乗りのMini-vanに7人とスーツケース7個を積むことはできないので、元Noblesの先生だったDanさんに空港-ホテル間の送迎をお願いしました。
行きも帰りもDanさんにお世話になり、3名ずつ生徒たちは分かれて空港に向かいました。
Danさんは車中、たくさん生徒たちに話しかけてくださったようで、その時の英語の会話がとても生徒たちは楽しく、また自信をつけられた時間でもあったようです。

レンタカー組は車を返した後、シャトルバスで空港に向かい、合流。Danさんともここでお別れです。

Logan空港で最後のお買い物。残るUSドルでの現金を消費(しなくてもいいのですが…)するために
みんなそれぞれにお店に向かいました。

そして13時間後、成田空港に到着。
全員無事に、怪我や病気もなく解散することができたことに心から安堵しています。

本当に濃密な10日間だったと思います。
UNISでイベント上でのダンス披露、Boston Latin Academyでの一日現地校入学、Harvard大学セミナー受講、そして日本語クラス参加、訪問した家庭でもプレゼンを繰り返し、合計何回生徒たちは英語のプレゼンを繰り返したでしょうか。
私が最後にHarvardでみんなのプレゼンを見たときには、初回の時よりもずいぶん落ち着き、その上達を感じました。

英語で話しかける勇気、聞き取る大変さ、すぐに求められる返答の難しさ、たくさんの課題をかかえての帰国かと思います。
みんなはこれからです!耳で聞いた英語のリズムを思い出し、ぜひリスニング、スピーキングスキル磨いてください。

それに加えて、言語が違っても肌の色が違っても通い合う気持ち、もてなしをしてくれる温かさ、人と人との繋がりの大切さもきっと感じてくれたことと思います。

このプログラム内で、金銭の授受がある受け入れは一切ありません。どの学校も、どのご家庭も、私たちを受け入れたい、もてなしたい、「是非、どうぞ」といってくださる場所、それらの方々のご厚意により成り立っています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいであり、心より御礼申し上げます。

大きな事故、病気、怪我もなく、無事に生徒6名を成田空港まで届けられた安堵でいっぱいです。
参加者の保護者の皆様、ご心配も多々あったかと思います。ご理解、ご協力をありがとうございました。

この経験が6名のこれからに何かしら作用し、視野を広げるその機会になってくれたらこんなに嬉しいことはありません。

皆さん、お疲れ様でした!
そしてよく頑張りました!
この経験を、今の気持ちを大切にね。

I am very proud of you all and you did a great job.
Hopefully, see you at Amelog or Knox’s event sometime!

(大久保)