投稿日:

【Global Talk!】Group-A 現状報告

【Global Talk!】Group-A 現状報告

トピック【アメリカと日本における男女格差】

Group-AではUNIS生とKnox生による互いの自己紹介を終えて、「理想のお母さんやお父さんとは何か」について考えました(*^▽^*)

まずCM(コマーシャル)である30秒の動画を見て「このCMのお母さんはどんなお母さんであると感じるか」「このCMのお父さんはどんなお父さんであると感じるか」「このCMのお母さんは理想のお母さんであると感じるか」といった3つの観点から英語と日本語を使って互いに意見交換しました!!

具体的にどんな意見が交換されたというと…( ..)φメモメモ

①「このCMのお母さんはどんなお母さんであると感じるか」

このビデオのお母さんは、彼女の子供たちの幸せを願っていて、また、家事、育児、仕事を上手く両立している。

彼女は、子どもにより良い一日を過ごしてもらうために、自分の時間を犠牲にしてまで、勤勉に家事や育児に取り組むお母さんだと思う。

②「このCMのお父さんはどんなお父さんであると感じるか」

このお父さんは家のことや子供のことには興味がなく、自分の仕事だけに集中しているお父さんだと思う。

家族の輪の中に入っていないように見える。子供の世話などの仕事以外のことには関わろうとしていないように思う。

②「このCMのお母さんは理想のお母さんであると感じるか」

私は、このビデオに出てくるお母さんは理想のお母さんだとは思わない。明らかに、自分にプレッシャーをかけていて、育児を含めた家の仕事をすべて自分一人でこなしていることがわかる。

その理由は、男性と女性はこのように差別されるべきではないと思うからだ。母親も父親も、自分たちの家を守ること、そして、自分たちの子どもを育てる責任があると思うので、それぞれに違った義務があると思う。

私は、このお母さんは理想的ではないと思う。なぜなら、彼女はたくさんのことを全て一人でこなして大変だと思うからだ。なので私は、お父さんも彼女のことをもっと手伝うべきだと思う。

また、現在、多くの女性が社会進出していて、このように苦労をしている人はたくさんいると思う。なので、「男性は働き、女性は家事をする」という固定概念を無くし、女性が働きやすい社会を作ることが必要だと思う。

といった議論が展開されました( *´艸`)

一人一人が思う「理想のお母さん」「理想のお父さん」は違いますが、夫婦で支え合いながら家庭を作っていくべきであるといった意見が多数ありました(*’ω’*)
仕事・家事・育児のバランスを保つことは凄く大変なことですが、家族みんなで助け合いながら素敵な家庭を築くことが本当の理想なのではないでしょうか…

投稿日:

【Global Talk!】Group-C 参加者からの現状報告

今回のブログは、実際にGlobal Talk!に参加してくれているメンバーの一人が、Global Talk!が今どんな活動をしているかレポートしてくれました!

——————————————————————

【Global Talk!】Group-C 現状報告

トピック【アメリカと日本における男女格差】

Global TalkではHarvard生とKnox生による互いの自己紹介を終えて、男女の固定概念について考えました(^^)/

まず「Like a Girl」という3分ほどの動画を見て、男女の固定概念がなぜ存在するのか、私たちは成長過程の中でいつから「男性らしさ」「女性らしさ」といった概念を意識し始めるのか、「女性らしく」といった言葉は女性にとってどんな意味があるのか、といった3つの観点から英語と日本語を使って互いに意見交換しました!!

具体的にどんな意見が交換されたというと…( ..)φメモメモ

①「男女の固定概念がなぜ存在するのか」

「男性らしさ」というと仕事、「女性らしさ」というと料理や掃除を思い浮かべる。

それは「性別役割分業」が昔からの社会通念が現代になっても根強く残っているからである。

②「いつから男女の固定概念を持つのか」

子どもは社会が男女における固定概念を教えるまで、男女平等であるという考えを持っている。

そのため人は思春期になり、自分とは何かというアイデンティティを確立する際に男女の固定概念を持ち始めるのではないか。

③「女性らしく」といった言葉は女性にとってどんな意味があるのか」

「女性らしく」という言葉は女性にとって良い意味も悪い意味も含んでいると考える。

人々は男女の固定概念を押し付ける言葉により束縛されるのではなく、「自分らしく」いることが大切だ。

といった議論が展開されました(*´▽`*)

また、Harvard生は日本語で日本の男女格差における社会問題、Knox生は英語でアメリカの男女格差における社会問題についてVoice Thread というアプリを使って2分ほどのプレゼンテーションを行いました(^O^)

プレゼンテーションに使用したスライドには男女格差における社会問題を根拠づけるグラフと、現状と解決策が掲載されています。

具体的にはアメリカにおける女性管理職の割合の低さや日本の母子家庭の割合の多さについて議論が展開されました( ゚Д゚)

この後の活動としては、Harvard生とKnox生が互いのプレゼンテーションについてハングアウトというアプリを使って30分ほどビデオ通話により意見交換を行います!!

両国の間で時差がありスケジュール調整が大変ですが、ボイスメッセージではなくリアルタイムでの会話は初めてとなるため、とても楽しみです( *´艸`)

良い議論に発展するよう頑張りたいと思います。

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.21

アメリカ大使館イベント
【アメログ多摩Vol.21】
12月1日(土)開催!

《日本とアメリカを比較する ジェンダーギャップ》

日本とアメリカにおけるジェンダーギャップ(男女格差)と聞いて、日本よりもアメリカの方が自由で男女平等であると思う方が多いかもしれません。

しかし、実際には両国とも管理職・子育て・賃金など様々な面において男女格差が問題となっています。

では、なぜ男女平等が叫ばれているにも関わらずジェンダーギャップ(男女格差)は、無くならないのでしょうか。

そこには「男性らしさ」「女性らしさ」と聞いて誰もが思い浮かぶような固定概念が根強く残っていることが原因であると考えられています。

もちろん、男女それぞれにおいて違った特徴があることは素晴らしいことですが、それが格差に繋がっていることは深刻な問題です💦


今回のアメログでは、Fulbright Fellowとして来日していらっしゃるPhoebe Morgan Wienerさんをお招きしています。

アメリカの大学でPolitical Science(政治学)とJapanese Studies(日本研究)を学び、現在は日本の大学でFemale Representation in Japanese Politics(日本の政治における女性管理職)について学んでいる研究者の方です。日本とアメリカでのジェンダーギャップ(男女格差)を紹介し、比較しながらお話をしていただきます。

 

アメログは英語で行う参加型ワークショップであり、英語に自信がない人も楽しめる内容です(*^-^*)

また、アメログ終了後には参加者たちとピザを食べながらワイワイ楽しめるので、たくさんの方の参加をお待ちしております( *´艸`)

先着30名の事前登録制になるので、登録はお早めに!!

参加登録 ➡ 登録フォーム

 

◆基本情報
========
開催日 2018年12月1日(土)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆スピーカー情報
=========

A recent graduate of Middlebury College, Phoebe Wiener was awarded a 2018-2019 Fulbright Japan Fellowship to study female representation in Japanese politics. Phoebe is currently investigating why female leadership has long been discouraged in Japanese culture, and how grassroots movements and politicians are working to close the gender gap in government. An aspiring journalist, Phoebe worked for CBS News in New York during the 2016 U.S. presidential election. 

=========
◆対象
=========

定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人などAmerica Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然!! まずは英語に気軽に触れてみることから始めてみませんか?

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。

参加登録フォーム

(別ウィンドウが開きます)

投稿日:

錦秋幼稚園 Halloween Party

👻Halloween Party👻

10月31日(水)に錦秋幼稚園にてHalloween Partyを行いました~♪

 

幼稚園児のみんなは王子様・吸血鬼・ディズニープリンセス・魔女などに仮装して音楽に合わせてパレードをしてくれました✨

舞台裏ではドキドキしながら順番を待っていた子供たちでしたが、いざ名前を呼ばれると元気良く手を振り、周りの子たちにハイタッチをしながら花道を歩くことが出来ました☆彡
見ていた保護者の方たちも、きっと誇らしかったと思います。

パレードの後には、魔女やモンスターのキャラクターが描かれたカードを用いてビンゴゲームを行いました!!

子どもたちは自分がビンゴしたと分かると、急いでプレゼントを貰いに来て喜んで持ち帰っていました( *´艸`)

その後は映像が出ないハプニング(!)がありつつも「one、two、three、four…!」と大きな声でカウントして「I like Halloween♪」とみんなノリノリで歌を歌ったり、足音を立ててダンスしたりしました♪

最後は幕が上がると先生方みんなでお化けの仮面をかぶってスリラーダンスを踊って、子どもたちのテンションもMAXに!!

参加してくれた幼稚園児のみんな、お子様のために仮装を用意してくださった保護者の方、協力してくださった先生方、皆さんありがとうございました。

そして手伝いに駆けつけてくれたインターンの学生たち、本当に助かりました。

皆で作り上げた楽しいHalloween Party、皆さんありがとうございました!(*´▽`*)

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.20 開催報告

アメログ多摩Vol.20が9/30に開催されました。
【日本とハワイの繋がり】というトピックで、ハワイ出身のJET TeacherのNathaniel Trinidadさんにお話をお伺いしました。
台風の悪天候にも関わらず、キャンセルは一人!という、高出席率でみなさんご参加いただきました。
皆さん、ありがとうございます!

ハワイはアメリカの州の一つではありますが、ハワイ独自の文化・日本独自の文化、そしてその両方が入った伝統文化があり日本とのつながりを深く感じました。

アクティビティでは、ハワイ独自のもの、日本独自のもの、またその両方を兼ねているものを考えていきました。

考えていたよりも多く日本の文化がハワイに根付いていて、盆踊りや桃の節句など、思いもよらない日本の文化がハワイにありました。
いろいろなルーツが交差している州なのだと分かり、また別の視点でハワイへの興味がわいたのではないのでしょうか。

今回は、ペアワークを多く取り入れたアメログ多摩となりました。
ペアワークの方が気兼ねなく話せる!という学生の意見を取り入れたものです。どうだったでしょうか?

そしてこの日は悪天候だったため、いつもより1時間早めに切り上げたので集合写真の時には、帰宅された参加者もいらっしゃいましたが、多くの方にご参加いただき感謝です!

次回のアメログもどうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.20

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.20】 9月30日(日)開催!

「Hawaii」の画像検索結果

 

トピック【日本とハワイの繋がりって?】
日本人にとって一番身近なアメリカといっても過言ではないハワイ。

ハワイと言えば、綺麗なビーチで思いっきりエンジョイできる観光地の代名詞。
そのハワイ州は、歴史的にも文化的にも日本と深い繋がりをもっています。
今回のアメログでは、ハワイ州出身ハワイ州育ちのJET Teacherに日本とハワイの多岐にわたる繋がりについて詳しく話していただきます。
地元の人しか知らないハワイの魅力も聞けるかも!
多くのご参加お待ちしています!

英語で行う参加型ワークショップ。
英語に自信がない人も環境問題に興味の無い方も楽しめる内容です。
終わりにはディスカッションリーダーや参加者たちとピザを食べながらワイワイ楽しもう!

先着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めにお願いします。

参加登録 ➡ 登録フォーム

=========
◆Speaker
=========
Hello, my name is Nathaniel Trinidad but you can call me Nate. I grew up in Hawaii and California. I love hiking and movies. I came to Japan on the JET Program and am teaching as a 2nd year ALT at the Super Science High School. My major was Asian Studies and SLS (Second Language Studies).

ハワイ州出身で、University of HawaiiをAsian Studies とSLS (Second Language Studies)のダブル専攻で卒業。
現在、JETプログラムに参加しており、Super Science High SchoolにALTとして勤務。

========
◆基本情報
========
開催日 2018年9月30日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分  Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205  email: info@knoxenglish.com

投稿日:

錦秋幼稚園 English Camp 2018-2

次は8月29日。幼稚園生は2回目とあって、リラックスした様子でした。
「今日は何をやるの?」と皆やる気満々!!

今回は大学生のお姉さんに加えて、高校生のお姉さんも参加してくれました。
お姉さん先生をチームリーダーに、Red, Green, Yellow, Purpleの4チームに分かれて得点を競いました。

始めに風船割りゲーム。
ゲームを始める前に、全員で必要な単語を学びました。

Go, Stop, Turn right/left, Hitなど。皆、覚えるのが早い!!覚えた単語を使って早速ゲーム開始です。

     


それぞれのチームから、「Go, go, go. Stop! 」「Turn right!」「Hit!!」と聞こえてきます。

上手に風船を叩くとチーム内で大拍手ーー!

次は、「Head shoulder knees and toes」の曲で踊りながら、体のパーツの言い方を覚えました。

お馴染みの曲に合わせて、だんだん早くなるスピードにみんな頑張る!

 

 

この曲に続いて行ったのが、福笑いゲーム。

身体のパーツの名前に加えて、先ほどゲームでやった「right, left, up, down」を使いながら、目隠しをした子に場所を指示していきます。

このゲームは面白い顔を作ったチームが勝ち!

    


最後は早押しクイズ。

このゲームは英語で質問し、英語で答えます。

リーダーのお姉さんに相談したり、聞いたりしてもいいけれど、答えるのは幼稚園生だけ。

質問は「What color is the sky?」など。

答えがわかったら、ピンポンボタンに向かってダッシュ!

せっかく猛ダッシュで来て、ボタンを押したのに、「何だたっけ?」

 

答えられた人のチームには5ポイントが加算。
大逆転が狙えます!みんな必死!!

 

そして、

勝利したのは、Greenチーム!!

みんな頑張りました。

 

そして、最後は記念撮影。

 

みんな頑張りました。そして、楽しみました!

インターン先生として参加してくれた大学生、高校生たち。とっても頑張ってくれました。
園児のみんなは、きっとこの日のことを大きくなるまで覚えてくれていると思います。

英語を習うのには年齢はいろいろ。そんな英語を学んでいる学生同士が繋がり、
お互いが先生になり生徒になることで、いい経験を得てくれたらと、願っています。

 

投稿日:

錦秋幼稚園 English Camp 2018-1

 今年の夏も錦秋幼稚園でイングリッシュキャンプを行いました!

それも8月上旬と下旬の2回です。

インターンの学生も幼稚園生も緊張した面持ちで顔合わせ。

幼稚園生からは大学生を見て、「だ~れ?」という子がいたり、普段より緊張して黙ってしまったり。

それでも幼稚園生は、これから何が始まるのかワクワクしている様子。

大学生のお姉さんをリーダーにして4チームに分かれて、ゲーム開始です。

風船運びゲームではチーム内でペアを組んで、お姉さんが待っているところまで風船を運んだのですが、
なかなか思うように前に進みません。やっとの思いで風船を運んでも、お姉さんから質問があります。
「HOP」カードを見せられ、「What is this?」
今まで習った英語を必死で思い出しながら、皆、その質問に答えていきました。

 

みんなが大好きな、ショッピングゲームも行いました。
昨年参加した年長さんが、楽しみにしているゲームです。

何故かというと、、、本当にお菓子が買えるからです!

 

「Hi!  Can I have a chocolate?」しっかり挨拶から注文まで英語で伝えます。おはじきをお金にして、ちゃんとお釣りももらって、Thank you! 

3つのお店屋さんをみんなはお姉さんたちに手伝ってもらいながらお買い物。
やはりお菓子屋さんは大繁盛でしたが、みんな楽しそうでした。

 

また、このキャンプではReading Timeもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 


大学生のお姉さんたちが、それぞれ手にした本を読み聞かせてくれました。

もちろん英語で。でも絵も助けてくれるし、時々日本語も入れてもらいながら。
話が分からなくて嫌にならないか少し心配しましたが、そんな心配は全く無用でした。

幼稚園生は食い入るようにして、本をみています。

そしてお話の子が悪いことをすると「ダメなんだよね~!」
ハッピーエンドの時には「良かったね~」と笑い声もたくさん聞こえてきました。

そのあとにはRock, Scissors, Paper!とお姉さんたちとじゃんけん。
勝ったらおんぶをしてもらい、負けたらトンネルをくぐります。

 

 

 

 

 

 

 

 


チーム内で行ったあとは、列車を作ってチーム対抗。みんなで楽しみました。

       

今回も楽しいキャンプが出来ました。

次回は8月下旬に行われます。

投稿日:

Knox Summer Camp 2018 2nd Day #1

2日目の朝

まずは穏やかに日本の伝統ともいえるラジオ体操から。
でも英語バージョンです。

 

 

 


次には氷り鬼。

鬼を数名に決めていたけど誰が鬼だかわからなくなる。

こうなったら、小学生が全員鬼!

わーーー、ゾンビのように皆が来るーーーーー!!

大騒ぎ。朝ごはん前に汗だくになりました(^^;

 

チェックアウト後にはホールへ移動し、ゲーム再開。
計算ゲームでは、中高生がMC。出題からスコアの仕方まで考え、みんなに説明。

 

  

 

 

 

 

 

 

 


最初はノートブックに書くことが出来るので、聞いた問題を必死に書いて、

みんなで相談。計算。

そして答えるのは小学生。ボタンに向かって猛ダッシュ!

  

 

 

 

 

 


Balloon Carrying Game では、チーム内でペアになって、風船をJETの先生のところまで運んで行きます。

JETのところまで行くと質問があり、それに答えていきます。

質問は、もちろんすべて英語。
小学生用にだけ、簡単な問題が用意されていますが、中学生以上はもちろん英語。

「What is the purpose of your life?」

えーーーー?

日本語でも答えられないよーーー
          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Summer Campの最後は全員で記念撮影。

優勝チームは・・・
最後に逆転したGreen Team!

最後には3桁までいってしまったので、ボードには下2桁のみの表示。
だから採点ボードが発表されたときには、みんな「え?え?おかしくない??」

でも説明を聞いて納得。

キャンプ後に、
「色んな人と話したよ、英語話したよ、少しわかったよ、留学って外国って面白そうだね」

そんな声が少しでも聞こえてきたら、とても嬉しいと思います。

営利を目的とした企画ではありませんので、豪華賞品もありませんし、
ゲームも低予算で手作り感満載のもので作り上げられました。

また通常はフルタイムで学校勤務をしているJETの先生たち、
就職活動や学校生活に追われている大学生たちが時間を作って集まり、
プログラム企画から作業まで行ってくれました。

彼らのサポートが無ければ、到底ここまで仕上げることができなかったプログラムです。

このキャンプでは、チームメンバーと話し合いながら、気遣いながら進めていく場面、
また中高生以上のメンバーが小学生をサポートしている様子が多く見られました。

受け身ばかりではなくMC(ゲーム進行役)の場では、
小学生から大学生まで、一人一人が一生懸命に頑張る姿をとても多くみることができました。

皆の中で、楽しい思い出の一つになってくれたら嬉しいです。 お疲れ様でした!

 

投稿日:

Knox Summer Camp 2018 1st Day #3

少し涼しくなった夕方、全員で施設の前にある公園に移動し、ドッジボールを楽しみました。

 

 

 

 

 

 


ドッジボールと言っても、手に持つものは水風船。
当たると風船は割れて服は濡れてしまいます。このゲームは、濡れなかった人が多いチームが勝ち。
皆、チームの勝利に向けて水風船を投げ合いました。

上手に水風船をキャッチ出来た人もいて、その時に大拍手!!

もうみんなのお腹はペコペコ。
「お腹すいたよーーーー!」

 

 

 

 

 

 

 


ビュッフェスタイルだったので、低学年の人たちは、時々お兄さんやお姉さんに手伝ってもらいながら、料理をお皿に盛り付けました。皆、お腹がペコペコだったので、何度もお代わりに行きました。

とても和やかに今日のアクティビティのことや日常生活のこと、英語の勉強のことなどを話しながら、食事を楽しみました。

夕食の後には、畳のお部屋へ移動。

大学生やJETの先生のプレゼンテーションを聞きました。

大学生は自分自身の留学体験を、お話してくれました。

アメリカの家で起きたこと、カナダの大学で知り合ったお友達のこと、
スクリーンに映し出される映像にみんな釘付けでした。

 

 

 

 

 

 

 


そして、JETの先生たちは自分自身が育った国の文化について話してくれました。

 

 

 

 

 

 

 


アメリカ、カナダの学校の違い、カナダではランチに生の人参食べる??
アメリカの学校での部活動は何種類も違うスポーツをする?
自分たちでお掃除はしない?? ずるーーーい!

皆、どういう事⁇と思いながら話に釘付け。

JETの先生たちのプレゼンテーションは、もちろん英語。
でもわからないところは、大学生が日本語に訳してくれました。

 

よく話し、走って、笑った一日でした。