投稿日:

【Global Talk!】Group-C 日米コンフェレンス

【Global Talk!】日米コンフェレンス 開催報告

2018年12日4日(火)にHarvard生とKnox生による「日米コンフェレンス」が開催されました!
Zoomというビデオ通話アプリを使って、Harvard生による「日本の男女格差」に関するプレゼンテーションに対して、Knox生が質問をするという流れで行われました!!

具体的には「日本の若者の自殺問題」「ステム分野の男女格差」「家庭における男女の役割」「女性に対する家庭内暴力」といったテーマが扱われました。

①「日本の若者の自殺問題」

【発表】2017年の性別別自殺者数のグラフによると、男性が7割を占めるのに対し、女性は3割である。
自殺原因とされる理由を比較すると、男性が学業不振や進路の悩みであるのに対し、女性は親子関係の不和や友人との不和であった。
よって「男性は文句を言わず、家族を養わなければならない」という日本の風潮が、男性にとって大きなプレッシャーになっていると思う。

【質問】Knox生:どうすれば日本の若者の自殺者が減ると思うか。
【回答】Harvard生:男性に対する大きなプレッシャーを減らすべきだ。また、政府は心理学の研究に投資すべきだと思う。

②「ステム分野の男女格差」

※ステム分野とは物理学や工学などの分野を指します。
【発表】OECD加盟国と比べると、日本の女性研究者の割合は多い方であるが、ステム分野における女性研究者の割合は最低である。
その背景には「数学や化学といった分野は男性の方が優れている」といった固定概念による、教育の男女格差があると思う。
そのため、ステム分野を学ぶために大学院へ進学する日本の女性の割合は8%と低い割合になっている。

【質問】Knox生:ステム分野の研究において男女の賃金格差はあるか。
【回答】Harvard生:アメリカでも日本でも、ステム分野の研究における男女の賃金格差はある。そのことも、女性の研究者が少ない原因の1つだと思う。

③「家庭における男女の役割」

【発表】家事・育児に費やす時間を夫婦で比較すると、夫は妻の10分の1しか時間を費やしていないことが分かる。
その背景には「男性は外で働き、女性は家を守る」といった固定概念が関係していると思う。
男性は残業に、女性は家事や育児に時間を費やすことを良しとする風潮があり、特に姑は嫁にそれを求める傾向にある。

【質問】Knox生:男性に家事をしてもらうことが効果的ではない場合、どうすべきだと思うか。
【回答】Harvard生:政府が残業時間に規制をかきたり、男性の育児休暇取得を促進するべきだと思う。また、男性にも幼いころから家事を母親が教えるべきだ。

④「女性に対する家庭内暴力」

【発表】家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)には、身体的暴力・精神的暴力・経済的暴力の3種類がある。
その被害者は年々増えており、性別別で比べると女性が8割を占めている。
なぜなら「我慢は美徳」といった固定概念があり、被害を受けた女性が言い出せないからだ。
また、日本には内(家庭)と外(社会)を明確に分けて考える傾向にあるからだと思う。

【質問】Knox生:若い人にとって「我慢は美徳」といった考えは身近ではないが、被害者が年々増えているのは何故だと思うか。
【回答】Harvard生:欧米にくらべてアジアは我慢する傾向にあるからだと思う。
※被害の相談件数が増えているのは、被害者が周りに言えるようになった社会的背景もあるという議論もされました。

ジェンダーギャップ(男女格差)に対する考えが深まり、Global Talkに参加して良かったと思ってもらえたら嬉しく思います!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.21 開催報告

America Dialogue Tama Vol.21 開催報告

日本とアメリカを比較する★ジェンダーギャップ

アメログ多摩Vo.21が12月1日(土)に開催されました~!!
今回は「日本とアメリカを比較する男女格差」というトピックについて、Fulbright Fellowとして来日していらっしゃるPhoebe Morgan Wienerさんからお話を伺いました。

「Gender inequality(男女不平等)」という日本語でも話すのが難しいトピックにも関わらず、語学力を問わず中学生から大学生まで、たくさんの方が参加してくれました!!
深刻な社会問題について関心を持ち、専門的な知識を持つ方から学びたい!!という気持ちが、参加者から伝わる素晴らしい回になりました。みなさん、本当にありがとうございます。

まず、「男女格差を感じた経験が今までにあるか」「日本とアメリカを比べて男女格差にどんな違いがあると思うか」「日本で男女格差について十分に議論されていると思うか」について話ました。具体的にどんな議論がされたかというと…

①「男女格差を感じた経験が今までにあるか」

就職活動の際に企業について調べると、男性は管理職の割合が高いのに対し、女性は育児休暇の取得率が高いと知った。
学校において、保護者でも生徒でも代表者は男性が圧倒的に多い傾向にある。

②「日本とアメリカを比べて男女格差にどんな違いがあると思うか」

アメリカは日本よりもベビーシッターを利用する文化があり、柔軟な勤務時間で働けるので、アメリカの方が男女格差は小さいと思う。
アメリカは移民国家で様々なバックグラウンドを持つ人たちが集まる場所なので、日本よりも格差に対する制度が整っていると思う。

③「日本で男女格差について十分に議論されていると思うか」

日本の政治における女性の管理職が低いので、男女格差について十分に議論されていないと思う。
日本の社会が、男女格差について議論することを良く思わない風潮にあり、十分に議論されていないと思う。

といった議論が展開されました!!

次に、世界各国の「政治における女性の管理職の割合」「男女の賃金格差」をグラフが紹介されました。具体的にどんなお話がされたかというと…

①「政治における女性の管理職の割合」


1位:ルワンダ 2位:スウェーデン 3位:南スーダンとなっているのが現状で、アメリカも日本も下位であったことが分かりました。
ルワンダでは、法律で男女50%ずつが議員になければならないと定められており、男女格差に対する制度が整っているというお話を伺えました。

②「男女の賃金格差」

1位:韓国 2位:日本 3位:チリとなっているのが現状で、日本は世界でワースト2位に入ってしまっていることが分かりました…
解決策としては、日本の女性の管理職の割合を高めるため、女性活躍を推し進める必要があるというお話を伺えました。
また、学校教育で男女格差について学ぶ機会を設ける必要があるといった議論も展開されました。

最後にアメリカの「Me too運動」(セクシャルハラスメントなどをSNSを通じて告白し共有すること)について紹介があり、日本では匿名性を活かした「We too運動」が行われていることが紹介されました!!

このイベントを機に「男女格差」は身近で深刻な社会問題であると認識し、自分には何ができるのかを考えてもらえたら嬉しく思います。

投稿日:

★Knox Christmas Party のお知らせ★

Knox Christmas Party

Knoxのみんなとクリスマスに盛り上がろう!!

クリスマスと聞いて何を思い浮かべますか?
サンタクロース・クリスマスツリー・プレゼント・ケーキなどが思い浮び、ワクワクしますよね( *´艸`)

でも日本のクリスマスは知っていてもアメリカのクリスマスは知らないという方が多いのではないでしょうか…
そこで、今年のクリスマスは日本とアメリカの文化の違いを感じながら過ごしてみませんか?

Knox Christmas Partyでは、子どもから大人まで楽しめる英語を使ったゲームで盛り上がったあと、
48人前の巨大なケーキや可愛いデザートを食べながら、みんなでクリスマスをお祝いします(≧▽≦)

もちろん、英語が苦手な人でもビンゴや椅子取りゲームもあるので楽しめます♪ゲームに勝った人には、クリスマスプレゼントもあるのでお楽しみに(^^)/

年に1度しかないクリスマスをKnoxの皆と楽しもう^^
先着30名の事前登録制になるので、登録はお早めに!!

 

参加登録 ➡ 登録フォーム

◆基本情報
========
開催日 2018年12月24日(祝)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205

対象:小学生~大学生
参加費:1000円
主催:G-SAK学生団体
共催: NPO法人Knox English Network
問い合わせ: g.sak0203@gmail.com  
=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。

参加登録フォーム(別ウィンドウが開きます)

投稿日:

【Global Talk!】Group-B 現状報告

【Global Talk!】Group-B 現状報告

トピック【アメリカと日本における男女格差】

Group-BではUNIS生とKnox生が互いに「伝統と男女差別」について調べ発表を行いました(*^▽^*)

まず、大相撲で使用される土俵の上で倒れた男性に治療を行った女性に対して、行司が「女性は土俵から降りてください」とアナウンスを行ったというニュースを見ました。そして「このニュースを見て、どのように感じたのか」「伝統は男女平等にどのように影響をしていると思うか」「色々な国の伝統は現代の価値観と違うが、伝統は守るべきか」という3つの観点について話し合いました。

そのあと、アメリカと日本における「伝統と男女差別」「男女格差」について調べて発表を行いました。
具体的にどんな意見が交換されたというと…( ..)φメモメモ

①「アメリカの政治における女性管理職」

アメリカは政治における女性管理職の割合の低さが問題になっており、世界で104位である。
そのため女性候補者の割合を高めようと、北欧を例にした女性活躍促進プログラムを行っている。
また、男女格差に繋がっている固定概念を改善するために、メディアが女性活躍促進に関する放送を積極的に放送すべきだ。

②「映画産業(ハリウッド)の女性監督」

映画産業(ハリウッド)の女性監督の割合の低さが問題になっており、今までアカデミー賞を受賞した女性は5名しかいない。
なぜなら、女性は子供の有無で判断される対象であり、男性よりも仕事をもらえる機会が少ないからだ。
また、そのことが男女間の賃金格差に繋がり女性監督の割合の低さが問題になっていると考えられる。
解決策として女性の管理職の割合を高め、女性に理解のある環境にしていく必要があると思う。

③「日本の育児休業取得率」

日本で一週間で家事に費やす平均時間は、女性が21時間であるのに対し、男性は5時間である。
また、日本の育児休業取得率は、女性が83.6%であるのに対し、男性は1.89%である。
これらの数字から「女性が家事・育児を行うべきだ」という社会の風潮があることが分かる。
解決策として「男性も家事・育児を積極的に行うべき」だという社会を作っていかなければならないと思う。

といった議論が展開されました( *´艸`)

アメリカでも日本でも「女性は家事・育児を行う対象のため、仕事で活躍する機会が男性よりも少ない」ということが分かりました。
今後、仕事で活躍する女性の割合を高めるためには、キャリアアップに繋がるチャンスを女性にも与えていく必要があるのではないでしょうか…

投稿日:

【Global Talk!】Group-A 現状報告

【Global Talk!】Group-A 現状報告

トピック【アメリカと日本における男女格差】

Group-AではUNIS生とKnox生による互いの自己紹介を終えて、「理想のお母さんやお父さんとは何か」について考えました(*^▽^*)

まずCM(コマーシャル)である30秒の動画を見て「このCMのお母さんはどんなお母さんであると感じるか」「このCMのお父さんはどんなお父さんであると感じるか」「このCMのお母さんは理想のお母さんであると感じるか」といった3つの観点から英語と日本語を使って互いに意見交換しました!!

具体的にどんな意見が交換されたというと…( ..)φメモメモ

①「このCMのお母さんはどんなお母さんであると感じるか」

このビデオのお母さんは、彼女の子供たちの幸せを願っていて、また、家事、育児、仕事を上手く両立している。

彼女は、子どもにより良い一日を過ごしてもらうために、自分の時間を犠牲にしてまで、勤勉に家事や育児に取り組むお母さんだと思う。

②「このCMのお父さんはどんなお父さんであると感じるか」

このお父さんは家のことや子供のことには興味がなく、自分の仕事だけに集中しているお父さんだと思う。

家族の輪の中に入っていないように見える。子供の世話などの仕事以外のことには関わろうとしていないように思う。

②「このCMのお母さんは理想のお母さんであると感じるか」

私は、このビデオに出てくるお母さんは理想のお母さんだとは思わない。明らかに、自分にプレッシャーをかけていて、育児を含めた家の仕事をすべて自分一人でこなしていることがわかる。

その理由は、男性と女性はこのように差別されるべきではないと思うからだ。母親も父親も、自分たちの家を守ること、そして、自分たちの子どもを育てる責任があると思うので、それぞれに違った義務があると思う。

私は、このお母さんは理想的ではないと思う。なぜなら、彼女はたくさんのことを全て一人でこなして大変だと思うからだ。なので私は、お父さんも彼女のことをもっと手伝うべきだと思う。

また、現在、多くの女性が社会進出していて、このように苦労をしている人はたくさんいると思う。なので、「男性は働き、女性は家事をする」という固定概念を無くし、女性が働きやすい社会を作ることが必要だと思う。

といった議論が展開されました( *´艸`)

一人一人が思う「理想のお母さん」「理想のお父さん」は違いますが、夫婦で支え合いながら家庭を作っていくべきであるといった意見が多数ありました(*’ω’*)
仕事・家事・育児のバランスを保つことは凄く大変なことですが、家族みんなで助け合いながら素敵な家庭を築くことが本当の理想なのではないでしょうか…

投稿日:

【Global Talk!】Group-C 参加者からの現状報告

今回のブログは、実際にGlobal Talk!に参加してくれているメンバーの一人が、Global Talk!が今どんな活動をしているかレポートしてくれました!

——————————————————————

【Global Talk!】Group-C 現状報告

トピック【アメリカと日本における男女格差】

Global TalkではHarvard生とKnox生による互いの自己紹介を終えて、男女の固定概念について考えました(^^)/

まず「Like a Girl」という3分ほどの動画を見て、男女の固定概念がなぜ存在するのか、私たちは成長過程の中でいつから「男性らしさ」「女性らしさ」といった概念を意識し始めるのか、「女性らしく」といった言葉は女性にとってどんな意味があるのか、といった3つの観点から英語と日本語を使って互いに意見交換しました!!

具体的にどんな意見が交換されたというと…( ..)φメモメモ

①「男女の固定概念がなぜ存在するのか」

「男性らしさ」というと仕事、「女性らしさ」というと料理や掃除を思い浮かべる。

それは「性別役割分業」が昔からの社会通念が現代になっても根強く残っているからである。

②「いつから男女の固定概念を持つのか」

子どもは社会が男女における固定概念を教えるまで、男女平等であるという考えを持っている。

そのため人は思春期になり、自分とは何かというアイデンティティを確立する際に男女の固定概念を持ち始めるのではないか。

③「女性らしく」といった言葉は女性にとってどんな意味があるのか」

「女性らしく」という言葉は女性にとって良い意味も悪い意味も含んでいると考える。

人々は男女の固定概念を押し付ける言葉により束縛されるのではなく、「自分らしく」いることが大切だ。

といった議論が展開されました(*´▽`*)

また、Harvard生は日本語で日本の男女格差における社会問題、Knox生は英語でアメリカの男女格差における社会問題についてVoice Thread というアプリを使って2分ほどのプレゼンテーションを行いました(^O^)

プレゼンテーションに使用したスライドには男女格差における社会問題を根拠づけるグラフと、現状と解決策が掲載されています。

具体的にはアメリカにおける女性管理職の割合の低さや日本の母子家庭の割合の多さについて議論が展開されました( ゚Д゚)

この後の活動としては、Harvard生とKnox生が互いのプレゼンテーションについてハングアウトというアプリを使って30分ほどビデオ通話により意見交換を行います!!

両国の間で時差がありスケジュール調整が大変ですが、ボイスメッセージではなくリアルタイムでの会話は初めてとなるため、とても楽しみです( *´艸`)

良い議論に発展するよう頑張りたいと思います。

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.21

アメリカ大使館イベント
【アメログ多摩Vol.21】
12月1日(土)開催!

《日本とアメリカを比較する ジェンダーギャップ》

日本とアメリカにおけるジェンダーギャップ(男女格差)と聞いて、日本よりもアメリカの方が自由で男女平等であると思う方が多いかもしれません。

しかし、実際には両国とも管理職・子育て・賃金など様々な面において男女格差が問題となっています。

では、なぜ男女平等が叫ばれているにも関わらずジェンダーギャップ(男女格差)は、無くならないのでしょうか。

そこには「男性らしさ」「女性らしさ」と聞いて誰もが思い浮かぶような固定概念が根強く残っていることが原因であると考えられています。

もちろん、男女それぞれにおいて違った特徴があることは素晴らしいことですが、それが格差に繋がっていることは深刻な問題です💦


今回のアメログでは、Fulbright Fellowとして来日していらっしゃるPhoebe Morgan Wienerさんをお招きしています。

アメリカの大学でPolitical Science(政治学)とJapanese Studies(日本研究)を学び、現在は日本の大学でFemale Representation in Japanese Politics(日本の政治における女性管理職)について学んでいる研究者の方です。日本とアメリカでのジェンダーギャップ(男女格差)を紹介し、比較しながらお話をしていただきます。

 

アメログは英語で行う参加型ワークショップであり、英語に自信がない人も楽しめる内容です(*^-^*)

また、アメログ終了後には参加者たちとピザを食べながらワイワイ楽しめるので、たくさんの方の参加をお待ちしております( *´艸`)

先着30名の事前登録制になるので、登録はお早めに!!

参加登録 ➡ 登録フォーム

 

◆基本情報
========
開催日 2018年12月1日(土)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆スピーカー情報
=========

A recent graduate of Middlebury College, Phoebe Wiener was awarded a 2018-2019 Fulbright Japan Fellowship to study female representation in Japanese politics. Phoebe is currently investigating why female leadership has long been discouraged in Japanese culture, and how grassroots movements and politicians are working to close the gender gap in government. An aspiring journalist, Phoebe worked for CBS News in New York during the 2016 U.S. presidential election. 

=========
◆対象
=========

定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人などAmerica Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然!! まずは英語に気軽に触れてみることから始めてみませんか?

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。

参加登録フォーム

(別ウィンドウが開きます)

投稿日:

【錦秋幼稚園 Halloween Party】

👻Halloween Party👻

10月31日(水)に錦秋幼稚園にてHalloween Partyを行いました~♪

 

幼稚園児のみんなは王子様・吸血鬼・ディズニープリンセス・魔女などに仮装して音楽に合わせてパレードをしてくれました✨

舞台裏ではドキドキしながら順番を待っていた子供たちでしたが、いざ名前を呼ばれると元気良く手を振り、周りの子たちにハイタッチをしながら花道を歩くことが出来ました☆彡
見ていた保護者の方たちも、きっと誇らしかったと思います。

パレードの後には、魔女やモンスターのキャラクターが描かれたカードを用いてビンゴゲームを行いました!!

子どもたちは自分がビンゴしたと分かると、急いでプレゼントを貰いに来て喜んで持ち帰っていました( *´艸`)

その後は映像が出ないハプニング(!)がありつつも「one、two、three、four…!」と大きな声でカウントして「I like Halloween♪」とみんなノリノリで歌を歌ったり、足音を立ててダンスしたりしました♪

最後は幕が上がると先生方みんなでお化けの仮面をかぶってスリラーダンスを踊って、子どもたちのテンションもMAXに!!

参加してくれた幼稚園児のみんな、お子様のために仮装を用意してくださった保護者の方、協力してくださった先生方、皆さんありがとうございました。

そして手伝いに駆けつけてくれたインターンの学生たち、本当に助かりました。

皆で作り上げた楽しいHalloween Party、皆さんありがとうございました!(*´▽`*)

投稿日:

錦秋幼稚園 English Camp 2018-1

 今年の夏も錦秋幼稚園でイングリッシュキャンプを行いました!

それも8月上旬と下旬の2回です。

インターンの学生も幼稚園生も緊張した面持ちで顔合わせ。

幼稚園生からは大学生を見て、「だ~れ?」という子がいたり、普段より緊張して黙ってしまったり。

それでも幼稚園生は、これから何が始まるのかワクワクしている様子。

大学生のお姉さんをリーダーにして4チームに分かれて、ゲーム開始です。

風船運びゲームではチーム内でペアを組んで、お姉さんが待っているところまで風船を運んだのですが、
なかなか思うように前に進みません。やっとの思いで風船を運んでも、お姉さんから質問があります。
「HOP」カードを見せられ、「What is this?」
今まで習った英語を必死で思い出しながら、皆、その質問に答えていきました。

 

みんなが大好きな、ショッピングゲームも行いました。
昨年参加した年長さんが、楽しみにしているゲームです。

何故かというと、、、本当にお菓子が買えるからです!

 

「Hi!  Can I have a chocolate?」しっかり挨拶から注文まで英語で伝えます。おはじきをお金にして、ちゃんとお釣りももらって、Thank you! 

3つのお店屋さんをみんなはお姉さんたちに手伝ってもらいながらお買い物。
やはりお菓子屋さんは大繁盛でしたが、みんな楽しそうでした。

 

また、このキャンプではReading Timeもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 


大学生のお姉さんたちが、それぞれ手にした本を読み聞かせてくれました。

もちろん英語で。でも絵も助けてくれるし、時々日本語も入れてもらいながら。
話が分からなくて嫌にならないか少し心配しましたが、そんな心配は全く無用でした。

幼稚園生は食い入るようにして、本をみています。

そしてお話の子が悪いことをすると「ダメなんだよね~!」
ハッピーエンドの時には「良かったね~」と笑い声もたくさん聞こえてきました。

そのあとにはRock, Scissors, Paper!とお姉さんたちとじゃんけん。
勝ったらおんぶをしてもらい、負けたらトンネルをくぐります。

 

 

 

 

 

 

 

 


チーム内で行ったあとは、列車を作ってチーム対抗。みんなで楽しみました。

       

今回も楽しいキャンプが出来ました。

次回は8月下旬に行われます。