投稿日:

America Dialogue Tama Vol.20 開催報告

アメログ多摩Vol.20が9/30に開催されました。
【日本とハワイの繋がり】というトピックで、ハワイ出身のJET TeacherのNathaniel Trinidadさんにお話をお伺いしました。
台風の悪天候にも関わらず、キャンセルは一人!という、高出席率でみなさんご参加いただきました。
皆さん、ありがとうございます!

ハワイはアメリカの州の一つではありますが、ハワイ独自の文化・日本独自の文化、そしてその両方が入った伝統文化があり日本とのつながりを深く感じました。

アクティビティでは、ハワイ独自のもの、日本独自のもの、またその両方を兼ねているものを考えていきました。

考えていたよりも多く日本の文化がハワイに根付いていて、盆踊りや桃の節句など、思いもよらない日本の文化がハワイにありました。
いろいろなルーツが交差している州なのだと分かり、また別の視点でハワイへの興味がわいたのではないのでしょうか。

今回は、ペアワークを多く取り入れたアメログ多摩となりました。
ペアワークの方が気兼ねなく話せる!という学生の意見を取り入れたものです。どうだったでしょうか?

そしてこの日は悪天候だったため、いつもより1時間早めに切り上げたので集合写真の時には、帰宅された参加者もいらっしゃいましたが、多くの方にご参加いただき感謝です!

次回のアメログもどうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.20

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.20】 9月30日(日)開催!

「Hawaii」の画像検索結果

 

トピック【日本とハワイの繋がりって?】
日本人にとって一番身近なアメリカといっても過言ではないハワイ。

ハワイと言えば、綺麗なビーチで思いっきりエンジョイできる観光地の代名詞。
そのハワイ州は、歴史的にも文化的にも日本と深い繋がりをもっています。
今回のアメログでは、ハワイ州出身ハワイ州育ちのJET Teacherに日本とハワイの多岐にわたる繋がりについて詳しく話していただきます。
地元の人しか知らないハワイの魅力も聞けるかも!
多くのご参加お待ちしています!

英語で行う参加型ワークショップ。
英語に自信がない人も環境問題に興味の無い方も楽しめる内容です。
終わりにはディスカッションリーダーや参加者たちとピザを食べながらワイワイ楽しもう!

先着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めにお願いします。

参加登録 ➡ 登録フォーム

=========
◆Speaker
=========
Hello, my name is Nathaniel Trinidad but you can call me Nate. I grew up in Hawaii and California. I love hiking and movies. I came to Japan on the JET Program and am teaching as a 2nd year ALT at the Super Science High School. My major was Asian Studies and SLS (Second Language Studies).

ハワイ州出身で、University of HawaiiをAsian Studies とSLS (Second Language Studies)のダブル専攻で卒業。
現在、JETプログラムに参加しており、Super Science High SchoolにALTとして勤務。

========
◆基本情報
========
開催日 2018年9月30日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分  Tel 042-400-7205
email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

主催: NPO法人Knox English Network
協力 :中央大学
共催 :在日アメリカ大使館

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205  email: info@knoxenglish.com

投稿日:

Knox Summer Camp 2018 1st Day #3

少し涼しくなった夕方、全員で施設の前にある公園に移動し、ドッジボールを楽しみました。

 

 

 

 

 

 


ドッジボールと言っても、手に持つものは水風船。
当たると風船は割れて服は濡れてしまいます。このゲームは、濡れなかった人が多いチームが勝ち。
皆、チームの勝利に向けて水風船を投げ合いました。

上手に水風船をキャッチ出来た人もいて、その時に大拍手!!

もうみんなのお腹はペコペコ。
「お腹すいたよーーーー!」

 

 

 

 

 

 

 


ビュッフェスタイルだったので、低学年の人たちは、時々お兄さんやお姉さんに手伝ってもらいながら、料理をお皿に盛り付けました。皆、お腹がペコペコだったので、何度もお代わりに行きました。

とても和やかに今日のアクティビティのことや日常生活のこと、英語の勉強のことなどを話しながら、食事を楽しみました。

夕食の後には、畳のお部屋へ移動。

大学生やJETの先生のプレゼンテーションを聞きました。

大学生は自分自身の留学体験を、お話してくれました。

アメリカの家で起きたこと、カナダの大学で知り合ったお友達のこと、
スクリーンに映し出される映像にみんな釘付けでした。

 

 

 

 

 

 

 


そして、JETの先生たちは自分自身が育った国の文化について話してくれました。

 

 

 

 

 

 

 


アメリカ、カナダの学校の違い、カナダではランチに生の人参食べる??
アメリカの学校での部活動は何種類も違うスポーツをする?
自分たちでお掃除はしない?? ずるーーーい!

皆、どういう事⁇と思いながら話に釘付け。

JETの先生たちのプレゼンテーションは、もちろん英語。
でもわからないところは、大学生が日本語に訳してくれました。

 

よく話し、走って、笑った一日でした。

投稿日:

Knox Summer Camp 2018 1st Day #2

Guess What?ゲームでは、目隠しをした人が名詞が書いてある封筒から一枚のカードを引き、その名詞を周りのメンバーがヒント言い、目隠しをしている人が当てるもの。

 


時間制限中に何問正解できるか、なのでみんな必死です。

一番白熱、といえばこのゲームかもしれません。「Spelling Game」

スクリーンに2か所ブランクが入っている単語が出てくるので、その二文字を当てられたらポイント。わかったら前にあるボタンをプッシュ。まずは小学生用の簡単な単語からだんだんと中高生用、大学生用と難しい単語に進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 


そして最後にはJETの先生用、日本語の問題。

 

 

 

 


チーム内での話し合いはOKなので、みんなJETの先生に教えたい!

なので、早押しにラインでスタンバっている先生たちに後ろからみんな突撃!

先生たちは押されるーー!

とっても白熱したゲームでした。

Duck, Duck Goose GameでのMC担当は小学生グループ3。

一生懸命に練習した英語で、みんなにゲームのルールを伝えます。最後の「Let’s play the game!」にみんな大拍手!

 

 

 

 

 


基本は日本のハンカチ落としと同じ。

鬼が一人ずつの頭をポンとたたきながら、Duck, Duck, Duck..と進み、 Goose!と言われた子は走って、鬼を追いかけます。
Gooseの子が座っていたところに座り、鬼が交代。かなり皆、本気で走ります!

 



日本人にでも外国人にでも、やっぱり誰にでもトラディショナルでシンプルなゲームは盛り上がるようですね!

 

 

 

投稿日:

【Global Talk!】Food and Me⑪

UNIS, Nobles,そしてKnoxの3校での混合グループを作り、それぞれのグループ内で【自分のおススメのお店】をGoogle Mapを使ってシェアしていきます。

自分のおススメのお店の外観、食べ物、内装の計3枚の写真とともに、場所をアップロード。また音声でおススメの理由を紹介していきました。遠く離れているのに、画像と動画、また地図で確認しながら聞いていると、とてもそのお店や地域に興味がわいてきます。

自分のおススメ情報と、グループ内のメンバーの発表を元にHangoutsでグループトークを実施しました。

お店や食べ物に関する話、また現地で流行っている食べ物のことなどを聞けて楽しかった、という声も聞こえてきました。

今回のグループトークは少人数制にし、2名から4名まで。時差があるために週末の夜か朝をつかっての活動で、スケジュール調整も難しく大変でしたが、とてもいい交流ができたように思います。

 

 

投稿日:

【Global Talk!】Food and Me⑩

Global Talk! 今年度最後のトピックは、「Food and Me (食べ物と私)」になりました。

自分を取り巻く食べ物について、それぞれ紹介や説明をし、お互いに質問を出し合って理解を深めていきます。
食習慣は、国や文化によって違うのはもちろん、同じ国内においてもそれぞれの家庭のバックグラウンドにより異なります。
食べ物は身近でありながら、あまり深く話し合うことのないトピックですので、どのような展開になるのか楽しみです。

次には、お互いの【おススメのお店】を、Google map上で紹介しあい、まるで他国のお店に遊びに行っているかのように発表していきたいと企画中です。

数年前には考えられなかった海外との交流、ここまで身近に感じあえることが出来るTechnologyに感謝!ですね。

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.17

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.17】 1月21日(日)開催!

トピック 《日本アニメから見るアメリカ》

今では大きな日本産業の一つとなった、日本のアニメーション。
日本のアニメを通して日本を好きになり、日本語を勉強するきっかけになった外国人も多くいます。

どうして日本のアニメは海外で広がったのでしょうか?
日本のアニメとアメリカのアニメの違いは?
日本のアニメがアメリカ文化にもたらした影響はどんなこと?

アニメを通して、日本とアメリカ文化の違いを見てみませんか?
英語で行う参加型ワークショップ。
英語に自信がない人も、アニメに興味のない人も大歓迎!

終わりにはアメリカ人ディスカッションリーダーとピザを食べながらワイワイ楽しもう!

着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めに!

参加登録フォーム➡ 参加登録(別ウィンドウが開きます)

 

=========
◆Speaker
=========
Victoria Pierre

Victoria Pierre left her home in Virginia for Japan in 2015 as part of the JET program, and is currently teaching English at Rikkyo Ikebukuro Junior High School. She recently graduated from Yale University, double-majoring in East Asian Studies, with a focus on Japan, and Studio Art, with a focus on animation. The intersection of art and storytelling are of particular interest to her, especially as they play out in various cultural settings.

 

========
基本情報
========
開催日 2018年1月21日(日)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 Tel 042-400-7205 email: info@knoxenglish.com  https://www.knoxenglish.com

 

主催: NPO法人Knox English Network   

協力 :中央大学

共催 :在日アメリカ大使館

 

 

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com

投稿日:

【Global Talk!】⑨My Story

Global Talk!の、新しい交流が始まりました。
今度は、Social Issueから少し離れて、自分たちのことについてのTopicになります。

家族や住んでいる街、学校・部活・アルバイトなどの自分をとりまく日常生活について紹介していきます。

Global Talk! メンバーは、それぞれの学校の時間割や地元で行われるお祭り、また好きな食べ物やボランティアなど、それぞれ興味のあることや普段の暮らしについて投稿をしました。

自分がどのような暮らしをしているのか、相手が何に興味があるのかといったことを改めて知り、
意識することなく過ごしていた日常生活について振り返る機会になると思います。

また投稿を通して文化や、暮らしの違いなどを身近に感じることだけでなく、自分についても新たに再発見があったのではないかと思います。

 

前回のとはまた違う今回のトピックも積極的に、意見交換を楽しんでほしいなと思います。

 

 

投稿日:

【Global Talk!】⑥グループディスカッション

メンバーは、最終発表であるPR動画の作成に向けての話し合いを、ボストン・NY・日本の三校合同でビデオミーティグを行いました。(Google Hangoutsを使用)
アメリカと日本の時差の為に、行えるのは週末のみ。日本朝⇔アメリカ夜、またはその逆のパターンのみです。グループ全員のをスケジュールをあわせることが難しく、複数回のミーティングは行いないことから、いかに一度のミーティングを効率的に進めるかがカギ。

よって、事前に一人一人が《どのような動画を作成したいのか?》というアイディアを出し、それをグループ内で共有《Google Docsを使用》した上で、その実際のミーティングの際には《誰のアイディアを採用するか?》と具体的な内容で始められるように設定しました。

ビデオミーティング《Google Hangouts》の際の注意点はひとつだけ。

【言語はどちらでもいい。ただし相手のTarget Languageに気を配ること】

これは母国語が違う人と話すときには必ず気を付けなければいけない点であり、自分の使いたい言語が相手の得意とする言語なのか、ミーティング自体をどちらの言語で話した方が効率がいいのか、様々なことを考え、相手を気遣う必要があるからです。

多様性の中で活動する経験を、このプログラムを通して多方面から感じることが出来たら、と思います。

ビデオミーティングはとても効率よく進みました。政治グループの一部分をご紹介します。

 

このミーティングですべてが決定できなかったグループは、自主的に共有していたGoogle Docsのノートを使用し、NY・ボストン・日本で更に話し合いを進めていきました。

 日本語・英語を交え、三校でいい形でのディスカッションが進んでいます。

投稿日:

新小学生クラス募集

Knox English Network
新規クラス 4月スタート

●新・小学生低学年クラス (火) 16:00-17:00

●新・小学生高学年クラス (水) 16:45-18:00

英語を単に机の上の勉強として終わらせるのではなく、実際に生きた言語として使えるように
Knoxは、独自のメソッドで真の英語力を育てていきます。

 

2018年度生 新規クラス募集要項(PDFファイル)2018 はじめての英語 A4-2