投稿日:

America Dialogue Tama Vol.10 開催報告

【アメリカ選挙制度の基礎知識 - 2016年大統領選挙】

9月17日(土)アメログ多摩Vol.10開催されました。Speaker は、Scott Wilbur氏。

まずは学生たちからの質問。
この質問は、隣の人が作った日本語の質問を英語に訳すという少しWarm-upを兼ねたもの。

英語にするのに四苦八苦しているグループもあったようですが、JET Teachersが手伝い完成。

それらの質問にScottさんは一つ一つ丁寧に答えてくださいました。


そして、Presentationスタート。

難しいトピックなので、事前にJet Teacherの一人、Jocelynがワードリストを作ってくれました。

Caucus (党員集会)やInaugural(就任式)など中には初めて聞く単語もあったかもしれません。
プレゼンテーション中にも、積極的な質問が多くみられました。


グループワークでは、グループ毎にPresidential Campaignを実際に企画。グループ内でそれぞれの役割を考え、どう選挙戦を組み立てていくか。
それぞれのグループでのプレゼンテーションで終わりました。

その後にはいつものお決まり、ピザタイム!

学校や学年、地域の枠を超えて、いろんな人と色々な話をして
輪を広げてもらえたら嬉しいです。

みなさん、ご参加ありがとうございました!

次回のアメログ多摩もお楽しみに。

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.10


アメリカ大使館共催イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.10】 9/17 Sat. 開催

 
アメリカ選挙制度の基礎知識
-2016年アメリカ大統領選挙-


2016年は4年に一回のアメリカ大統領選挙が行われます。

TVや新聞でそのニュースを聞くことも多くあると思います。

そんなニュースを見るのに役に立つ【アメリカの選挙制度】の基礎知識を、やさしい英語で身に着けるのが今回のイベントです。

何歳から大統領選挙に立候補できる?各党にあるマスコットの意味は?選挙運動はどう行うの?さまざまなゲームやアクティビティを通して、一緒に理解を深めましょう!

このイベント、アメログは、英語を聞いたり話したりする場所を、無料で提供することも目的の一つとしています。
アメリカ人のディスカッションリーダーがグループワークには参加してくれるので、英語に自信がない方もシャイにならず積極的に英語の中に飛び込んでみてください。

先着30名の事前登録制になります。
参加申し込みは、参加登録フォーム よりお願いします。


イベント詳細:

=========

◆スピーカー情報
=========
Scott Wilbur, Ph.D. Candidate, 
Fulbright Graduate Research Fellow
Political Science and International Relations Program
University of Southern California  



 ◆基本情報
=========

開催日 2016年9月17日(土) 
時間 15:30~18:00(15:00開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号 
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 (川崎海道沿い)

過去のアメログ多摩イベント


Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com http: https://www.knoxenglish.com/


主催 NPO法人Knox English Network
共催 在日アメリカ大使館 

=========
◆対象
=========
— 定員30名 高校生以上大学院生まで  参加費無料

— アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人など

— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に英語の中に飛び込んでみてください!


=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)


=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。 
Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com

 
投稿日:

アメリカ大使館主催公演:有人火星調査に向けた日米の取り組み

NASA長官&現役宇宙飛行士に会いに行こう!

@American Center 8/4, 2016

アフリカ系米国人初のNASA長官、チャールズ・ボールデン氏と現役宇宙飛行士・星出彰彦さんによる対談イベントに、在日アメリカ大使館 広報・文化交流部様より、アメログ多摩の生徒5名を特別招待していただきました!

とても人気のある宇宙飛行士に会えるイベント。
即定員に達してしまう、または事前に告知しないイベントの一つなので、とても生徒にとっては貴重な機会になったのではと思います。

プレゼンテーション後に行われた学生による質疑応答の時間はとても興味深いものでした。

宇宙飛行士になるには並大抵な努力ではなれない。どのようにしてそのモチベーションを維持し続けたのですか?

ディベートの際に相手から「多額の費用を使ってなぜ宇宙研究をする必要があるのですか?」と聞かれて答えられなかった。星出飛行士ならどう答えますか?

などなど。

学生が素直に思っている疑問にもボールデン長官や星出飛行士はとても丁寧に答えてくださっていました。
お二人が話された、「何にでもなれる可能性をもっている」「自分を信じて進み続けることが大事」「Follow the passion!」との言葉がとても印象的でした。

アメログ多摩より参加した学生も多くのことを学んでくれたら嬉しいです。
これからもKnox English Networkは、アメリカ大使館と協力しながら、多くの学生が海外へ羽ばたいていくよう活動を続けていきます。

投稿日:

TOEIC IPテスト

Knox English NetworkにてTOEIC IPテストを開催

自分の現在の実力を知り、何が必要かを分析し、そのスコアをあげるためには何が必要かを個別にプログラム。
それに沿って効率よくピンポイントで勉強をしていく対策講座を実施します。
※少人数クラスのため新規6名のみの募集です。

これは某企業でTOEIC講座を実施、
その多くの受講生が150-200点のスコアアップを得た講座と同内容で展開します。

600点を目指している人、200点アッププログラムに挑戦!

対策講座は、確実にスコアを伸ばしていけるためのポイントのみを講義していきます。
絶対に落としてはいけない問題、こ解き方のコツを重点的に行う短期集中の講座です。
模擬テストを自宅で受講  
  まず自分の現スコアを知る/分析して弱い部分を知る
     8/19郵送・解答用紙を8/25までにFax・後日メールにてスコア受領
対策講座A 8/30(火)18:30~20:00  
  一番スコアを上げやすいPart5を徹底分析 
  また模擬テストの結果を分析・対策を個別にプログラム
   
対策講座B 9/6(火) 18:30~20:00 
    Listening問題の解き方/聞き方のコツ
対策講座C 9/13(火) 18:30~20:00 
 長文問題の取り組み方/注意すべきポイントを知る
TOEIC IPテスト受講 以下の二つの日程より選択
  9/18(日)10:30集合 または  9/20(火)18:00集合 (解散はどちらも約2.5h後)
★対象
 Knoxに登録されている学生となります。
 また講座受講は現時点で600点未満のスコアの方が対象です。
★受講には6タイプがあります。
★申込み こちらのフォームにて登録(新しいウィンドウが開きます) フォーム送信後、費用納入のご案内を登録してあるメールアドレスへお送りします。

お問合せはメールかお電話にて承ります。

メール info@knoxenglish.com   電話: 042-400-7205
申込みフォーム

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.9 開催報告

【The Real NCIS】開催しました!

7月30日(土)に無事にアメログ多摩Vol.9が終了しました。

今回も多くの参加申込みがあり、大盛況に終わりました!

トピックは【The Real NCIS】
スピーカーは、NCISの特別捜査官 Calebさん。

素敵なスマイルとわかりやすい英語で丁寧に説明してくださいました。
証拠としての種類には、言葉で発せられる情報だけでなく、言葉以外から発せられる態度や視線など、また現在では携帯電話などによる電子機器に残された思いもつかない情報の多さなど、普段の生活からは思いつかないこともたくさんありました。

捜査の仕方や取り組みなど多くのことを教えていただきました。

とても興味深かったのは、指紋の検証。

特殊なパウダーを使用して指紋を浮き上がらせ、ある一定の色を遮断する特殊なメガネをかけることで指紋を検出。

指紋の検出など、なかなか日常生活では身近にないことなので、みんな興味深く「ほぉ~」と声をあげながら見ていました。



NCISから
極東本部局長のMr. Mark A Blincoe
調査官のMr. Larry H. Miike、
そして特別捜査官のMr. Caleb B. Palmatierがスピーカーとして、計三名の方がいらしてくださいました。

そしてStudent Discussionsに欠かすことができないJET Teachersは、 Jocelyn, Luke, Dionne, Mattの四名が来てくれました。

NCISの皆さん、JET Teachersの方々、そしてKnoxをお手伝いしてくださった方たち、みなさん本当にありがとうございました!

 次回のアメログ多摩も是非お楽しみに!!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 9

アメリカ大使館助成イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩 Vol.9】 7/30 Sat. 開催

The Real NCIS – アメリカ海軍犯罪捜査局を知る


全米ドラマの大ヒットシリーズ
《NCIS 》 Naval Criminal Investigative Services 

日本でも視聴率が高いアメリカ海軍犯罪捜査ドラマです。

このNCISは、実際に存在する組織なのです。
そして今回のアメログ・多摩は、NCIS極東本部から特別捜査官をお招きしてお話を伺うことになりました!

NCISは実際に何をしているのか、どんな組織なのか、
また日本ではどのような活動をしているのか、など
英語を学びながら、いろいろな話を伺います。

アメログは参加型イベントなので、ゲームやアクティビティも盛り込んでいます。アメリカ人のディスカッションリーダーも参加してくれるので、英語に自信がないかたも楽しめる内容になっています。

今回のポスターです

終わりにはピザを食べながらワイワイ楽しくなります。

アメログ・多摩は、「英語が話せる人のためのイベント」ではなく、「英語を頑張りたい人たちのイベント」です。

是非この機会に、英語を聞く、話す、使うことにチャレンジしてしてみてください。

定員30名の事前登録制になります。
参加申し込みは、参加登録フォーム よりお願いします。


イベント詳細:

=========
◆スピーカー情報

=========

Speaker: Caleb B. Palmatier (NCIS – Special Agent)
I have been a credentialed NCIS Agent for approximately eight years.  Throughout that time, I have been assigned to Criminal Investigation, Counterintelligence and Counterterrorism activities in Hawaii and Japan (Iwakuni and Yokosuka).  I am currently assigned to the NCIS Yokosuka field office as the USS Ronald Reagan Agent afloat.  My job aboard the ship incorporates all aspects of the NCIS mission whereas I am responsible for the wellbeing of approximately 5,000 Sailors.  I will deploy with the ship throughout the Pacific Theatre conducting multinational joint exercises and freedom of navigation of the sea patrols.  I was born in Jacksonville, Florida and have a Bachelors of Arts (BA) in criminal Justice and a Master’s in Business (MBA).  I speak Japanese and am married to a lovely Japanese Kyushu woman who is currently pregnant with our first child.
=========

過去のアメログ多摩より

◆基本情報
=========

開催日 2016年7月30日(土) 
時間 15:30~18:00(15:00開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号 
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩5分 (川崎海道沿い)

Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com http: https://www.knoxenglish.com/

主催 NPO法人Knox English Network
共催 在日アメリカ大使館 
協力 中央大学

=========
◆対象
=========
— 定員30名 高校生以上大学院生まで  参加費無料

— アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========

当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)



=========
◆問合せ

=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。 

Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com




投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 8 開催報告

アメログ多摩 Vol.8が無事に終了しました。

今回は定員30名のところ、60名を超す申し込みがあり、大幅に定員を超えて開催しました。
キャンセル待ちで参加できなかった方もいたほど、好評のトピックとなりました。

そのトピックは【英語習得を突き詰める ‐ Overcoming English Obstacles】

学生が英語習得に高い関心をもっていることがわかりますね!

 スピーカーは







Jet Teacherの Beatriz Gononさん。

彼女は現在高校で英語を教えていますが、今年の夏には二年の任期を終えてアメリカへ帰国します。

その二年の日本での英語教授を通して得た英語習得のカギを紹介します。

自分は英語を勉強するときにどんな壁がある?
一番苦労するのはどんなこと?
その解決策は?

グループワークを通して、自分なりの方法をお互いに紹介していきます。

楽しかったのは、スラングの紹介やアメリカ国内で地域によるアクセントの違いを紹介。

同じ「water」でも色々とありましたねー。

また自分のスピーキング力を向上させるために使えるAppの紹介や、ネイティブと知り合って英語を話す機会を増やしたい人に役立つ活動団体などの紹介があり、貴重な情報が盛りだくさんでした!

多くの笑いが聞けた楽しいアメログ多摩第8回目となりました。

これも各グループにディスカッションリーダーとしてついてくれた5名のJet Teacherのお蔭です。

たくさんの笑い声が聞けたワークショップとなりました。

参加学生がこのイベントで少しでも自分の英語を磨く気持ちに前向きになることができたら嬉しいな、と思います。

アメログでは、参加回数が3回、5回、10回で表彰を行っています。
今回は加藤碧さんがなんと10回の参加表彰でアメリカ大使館のロゴが入ったメダルを受けとりました。アメログ多摩で、初めての10回表彰でした。碧さん、おめでとう!

次のアメログ多摩は7月下旬の予定です。
どうぞご期待ください!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.8

アメリカ大使館助成イベント
【アメログ多摩 Vol.8】 5/14 Sat. 開催
     

ワークショップ 英語習得を突き詰める

日本で英語教師を2年間勤めたアメリカ人Jet Teacherが、帰国前に今までの集大成ワークショップを行います。

英語を上達させるには何をすればいい?
アメリカ人から見て「日本人の話す英語」に必要な事は?

説得する英語、プレゼンテーションでの効果的な言い方など、レッスン形式を多く取り入れた英語によるワークショップです。

英語スキルを向上させたいと思っている方は、ぜひお越しください。

イベント終了後には、ピザを食べながらスピーカーやアメリカ人のディスカッションリーダーたちとワイワイ楽しくなります。何でも気軽に話しかけてみてください。

参加申込み登録は、こちらまで <参加登録リンクが開きます>
先着登録30名となっていますので、登録はお早めに!



Speaker: ゴノン・ベアトリス
From: New York, U.S.A.

Beatriz Gonon was born and raised in New York City. She holds a B.B.A. from Baruch College in International Business specializing in marketing. She has experience teaching basic Japanese to college students and currently teaches English to high school students as a JET ALT. In addition to teaching English, she also volunteers for U.S. Embassy Amelog events.

イベント詳細:
=========
◆基本情報
=========
開催日 2016年5月14日(土) 
時間 15:30~18:00(15:00開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号  
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩5分 (川崎海道沿い)

Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com
http: https://www.knoxenglish.com/

主催 NPO法人Knox English Network
共催 在日アメリカ大使館 
協力 中央大学

=========
◆対象
=========
— 高校生以上大学院生まで  参加費無料
— アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人など

— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に英語の中に飛び込んでみてください!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol 7 開催報告

アメログ多摩Vol.7 終了しました!

受験シーズン中なので参加者数を心配しましたが、そんな心配も必要なかったほど、ほぼ定員に達する学生たちが集まってくれました。

みなさん、どうもありがとう!!


 今回のトピックは、
【学生運営団体と難民の今を知る!】

ASIJ(American School in Japan)で、国際難民支援の学生団体を立ち上げたメンバー四名にお越しいただきました。

難民の数、分布、原因などを知り、
対策として自分たちに何が出来るのか、をグループで考えます。

題材が難しいので、それをさらに英語で話すのは大変。
でもディスカッションリーダーとしてボランティアで来てくれているAJEV(American JET Embassy Volunteers) のメンバーたちがディスカッションを引っ張ってくれます。

かなりおちゃめなJETのボランティアの方たち。

学生運営団体をもし自分たちで立ち上げるとしたら、どんな団体にする?

それぞれのチームでいろいろな意見が飛び出しました。

Coffee Club?? ユニークなクラブも出ました!コーヒーの淹れ方や歴史など深い知識を身に付けるクラブのようです。

あなたの学校にもどうでしょう??

American School In Japanから来てくれた4名のメンバー

Sally, Henry, Ryan, and Luke.
Thank you very much for the time and efforts you have put into this event!!  All participants learned many things regarding refugees and student-run organization.  You all had a great job!

今回も楽しいイベントとなりました。参加者の皆さん、スピーカーの方々、JETのボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。
また次回お会いできるのを楽しみにしています!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 7

アメリカ大使館助成イベント
【アメログ多摩 Vol. 7】 2月27日(土)に開催決定!


   学生運営団体と難民の今を知る!

調布市にあるアメリカンスクールにて、難民支援をする学生運営団体 RIJ (Refugees International Japan)を学内に立ち上げた、学生メンバーをスピーカーにお迎えします。

RIJ – 国際難民支援会は民間の独立した非営利団体で、戦争や紛争のためにすべてを失った難民を支援する活動をしています。

その活動を学生の手で運営、活動していくにはどのようにスタートさせたのでしょうか。活動内容や、運営の難しさなど、さまざまなことを伺います。

あなたはどのくらい世界にいる難民のことについて知っていますか?

彼らの活動を通して、難民の現状を知り、いまどのような支援がされているのか、どう難民にそれら支援が役立ているのか、また、まだ必要とされる支援はどんなことなのか、難民によるさまざまな問題に目を向けます。

あなたがそれらにとって解決策となることはどんなことですか?

ゲームやワークショップを通して多くのことを知り、みんなで自分たちが出来ることは何なのかを探っていきましょう!

↑過去のアメログ多摩

イベント終了後には、ピザを食べながらスピーカーや、アメリカ人のディスカッションリーダーたちとワイワイ楽しjくなります。なんでも気軽に話してみてください!

参加申し込み登録は、こちらまで お願いします。
登録⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e943c8d412454

先着登録30名となっていますので、登録はお早めに!

Speaker:
Henry Slater, Ryan Nishida, Sally Maeda, Luke Rogan

ASIJ(American School in Japan)内の学生支援団体RIF(国際難民支援)メンバー

イベント詳細:
=========

◆基本情報
=========
開催日 2016年2月27日(土) 
時間 15:30~18:00(15:00開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

 

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩5分 (川崎海道沿い)

Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com
http: https://www.knoxenglish.com/

主催 NPO法人Knox English Network

共催 在日アメリカ大使館

協力 中央大学

=========
◆対象
=========
— 高校生以上大学院生まで  参加費無料
— アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、無料で提供することも目的の一つとしています。最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に英語の中に飛び込んでみてください。
 
今回のポスター