投稿日:

America Dialogue Tama Vol.20 開催報告

アメログ多摩Vol.20が9/30に開催されました。
【日本とハワイの繋がり】というトピックで、ハワイ出身のJET TeacherのNathaniel Trinidadさんにお話をお伺いしました。
台風の悪天候にも関わらず、キャンセルは一人!という、高出席率でみなさんご参加いただきました。
皆さん、ありがとうございます!

ハワイはアメリカの州の一つではありますが、ハワイ独自の文化・日本独自の文化、そしてその両方が入った伝統文化があり日本とのつながりを深く感じました。

アクティビティでは、ハワイ独自のもの、日本独自のもの、またその両方を兼ねているものを考えていきました。

考えていたよりも多く日本の文化がハワイに根付いていて、盆踊りや桃の節句など、思いもよらない日本の文化がハワイにありました。
いろいろなルーツが交差している州なのだと分かり、また別の視点でハワイへの興味がわいたのではないのでしょうか。

今回は、ペアワークを多く取り入れたアメログ多摩となりました。
ペアワークの方が気兼ねなく話せる!という学生の意見を取り入れたものです。どうだったでしょうか?

そしてこの日は悪天候だったため、いつもより1時間早めに切り上げたので集合写真の時には、帰宅された参加者もいらっしゃいましたが、多くの方にご参加いただき感謝です!

次回のアメログもどうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 19 開催報告

アメログ多摩Vol.19が無事に6/17に終了しました。

トピックは【英語習得を突き詰める!】
スピーカーで来てくれたLukeさんも「これは聞くだけ、座っているだけのレクチャーではありません」、と最初から宣言。

まずは隣の人とペアになって、質問しあうところから始まりました。

英語が使われている場所は世界中にあり、アメリカ、イギリスなどだけではなく、それぞれの場所でそれぞれのアクセントで使われています。5人の人が話す英語を音声だけ聞き、どの地域で話されている英語かを考えるクイズには、みんな真剣な顔で聞き入ります。

   

その後には、目隠しをしたひとに周りのチームメンバーがヒントを与え、カードに書いてある名詞をあてるクイズ。

中には「イクメン」という難しい問題もあったり、正解は「和菓子」なのだけれど、答えは「お団子」と惜しい!という回答もあったり。

 

その後、英語の歌を聞いて、スクリーンに書いてある歌詞の空欄を埋めるゲームでは、洋楽が得意な高校生や大学生が、大活躍。

英語を気軽に使いながら、楽しくチャレンジする気持ちになってくれたらとても嬉しく思います。

次回のアメログ多摩は、9月ごろに開催する予定です。

どうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol. 18 開催報告

アメログ多摩Vol.18が無事に4/28に終了しました。

トピックは【アメリカの国立公園とその環境保護】
今回も定員を上回る参加登録がありました。
ありがとうございました!

スピーカーはKelly。フロリダ出身で、フロリダにある国立公園、Evergladesをほぼ裏庭として育ってきたその環境を持つKelly、いろいろと国立公園の魅力を話してくれました。

アメリカにある、有名な国立公園な紹介からそれにまつわるTrivia Quizを交えながら進められていきました。

毎回のクイズのたびに、各グループで話し合い、どの答えが正解かみんなで考えていきます。まずはその質問がどこにも書いていないし、スピーカーが話してくれるだけなので、なかなか質問をきちんと理解することが難しい。。

みんなで必死に考えて、隣の人とブツブツ、ディスカッションリーダーにもう一回もう一回と質問を言ってもらった

り。各グループから活発な声や笑い声がたくさん聞こえてきました。

 

 

 

今回は、ディスカッションリーダーとして多くの人が参加してくれました。スピーカーのKellyはじめ、Inga, Mimi, Nate, そして Jamieありがとうございました!
今回は、アメリカ大使館文化交流部の石川乃侑里さんも学生参加者の中に紛れてこっそりと合流。難しい質問のときには、ディスカッションリーダーと一緒になって易しい英語に直して「何でこんなに英語が上手な人が?!」と、目が点の学生も。

最後の紹介のときにみんな納得。そんな方と会ってお話しできるのはモチベーションが上がりますよね。みなさんにとって、このアメログ多摩に参加して「英語にもっとチャレンジしていこう!」と前向きになるイベントにってくれたら嬉しいです。

また次回のアメログ多摩をご期待ください!

 

 

 

 

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.17 開催報告

アメログ多摩Vol.17 終了しました!

今回のトピックは【日本アニメから見るアメリカ】

日本のアニメとアメリカのアニメの違い、またその
歴史やそれらの背景など様々なことを広く学びました。

アニメがどのように作られているか、という話では、実際に参加者一人一人が一か所ずつを加筆しあいながら一つの画を作り上げ、その工程をすべて写真撮影。

全員の加筆が終わったら撮影したすべての写真を繋げて、その工程を動画にして見てみました。それぞれが描いた画が繋がり、そのアニメを見ると全員「ほーーーー」の一言。

日本のアニメの特徴と、アメリカのアニメの特徴の違いを学んだあとには、画コンテがばらばらになったものを、話の組み立てを考えながら順番通りに並べていくもの。

これがなかなか難しい!
日本のアニメはセリフも入っているので簡単そうに思えましたが、どのグループもみんな四苦八苦でした。正解を見ても、全部の順番があっていたグループはなかったようです。

日本のアニメをアメリカで放映されるときには、おにぎりがサンドイッチ、十字架が石の壁、などに変わっていたり、それらの理由を知ると興味深く、多くを学んだアメログとなりました。

スピーカーのVictoria、ディスカッションリーダーとして来てくれた、Luke, Farron, Makauには本当に感謝!おかげでとても楽しく、有意義なイベントになりました。

来てくださった学生の方々、またKnox関係の保護者の方々も熱心に参加して下さったように思います。

是非、また遊びに来てください。お待ちしています!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.16 開催報告

アメリカ大使館イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.16】9/23 Sat.開催終了!

9/23にアメログ多摩Vol.16『Gender Equality』が開催されました。

今回は、アメリカで弁護士としてご活躍されていたSabrina Hassanaliさんにお話をお伺いしました。

身近な問題ではあるけれども、なかなか話し合われることのない難しいトピックでしたが、
予想以上にみなさんのディスカッションが活発で、積極的に参加してくださった方が多かったことを
とても嬉しく感じた今回でした。

どのように男/女はこうあるべき、という考えが生まれたのか?無くすにはどうすればいい?
日常生活では立ち止まってあまり考えないことを正面から考え、様々な意見を聞くことで、
新たな視点で物事を考える機会に繋がったのではないでしょうか。

Thanks for your great presentation, Sabrina. It was one of the best events we’d ever!
Also, thanks Luke and Bonnie for leading their discussion.

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.15 開催報告

アメリカ大使館イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.15】7/2Sat.開催終了!


7/2にアメログ多摩Vol.15『Jazz across the cultures』が開催されました。



今回は、プロ・ジャズシンガーのBeatriz Malnicさんをお迎えし、ブラジルのボサノバ、サンバ、そしてアメリカのジャズの違いなどについてのお話を、それぞれの文化背景を踏まえながらお聞きしました

Beatrizさんのパワフルで素晴らしい歌声をこんなに身近に聞くことが出来て、とても貴重な体験となりました。

生徒たちも学校の授業では、触れることのできないお話を英語で聞くことができ、この後のディスカッションも大いに盛り上がりました。

ディスカッションでは、日本にある文化が他国に影響を与えたものは何か、どんな影響を与えたか、また外国からの文化で日本が受けた影響にはどんなものがあるのか、を話し合いました。食に関することから文化や祝日まで、多岐に渡った意見が飛び交い、改めて自国が他国へ与えた影響、また外国から入ってきた影響を再確認しました。


最後には、Beatrizさんが持参してくれた楽器にあわせて、みんなでサンバの大合唱。楽しいイベントとなりました!


Beatrizさん、素敵な歌声とプレゼンテーションをありがとうございました。
そしてそのプレゼンテーションを助けてくれたHelena, またディスカッションリーダーとして学生を引っ張ってくれたLukeとInga, ありがとうございました。






It was the one of the best Amelog Tama events! We all enjoyed Beatriz’s presentation and singing Samba together. Thank you very much Beatriz for giving us your great presentation. Also thank Helena, Luke, and Inga for helping out for leading the students’ discussions.
See you all at next Amelog Tama!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.13 開催報告

アメリカ大使館イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.13】3/11Sat.開催終了!

3月8日のInternational Women’s Dayにちなんで開催された今回のアメログ多摩、いろいろと【女性の権利】を考える機会となったイベントでした。

なかなかフェミニズムってどういうこと?なんて考えることなく生活していますよね。
その言葉を聞いたのはいつ?どんな時に聞いた?そんなことから深く考え始めました。

応援団の団長を決める時、団長は男子で副団長は女子、と決められていた。なんでだろう。
そんな様々な具体例が出てきました。
問題点は何があるのか、その問題を解決するのにはどうしたらいいんだろう。

4-5人でグループになり、ディスカッションは各グループについてくれたリーダーを中心に進んでいきました。

どのグループも時には大きな笑いが出たり、うーん・・・と考え込む姿が見えたり。

リーダーがとても上手にディスカッションを引っ張ってくれたお陰で充実したディスカッションが出来た、との声もイベント後には聞かれました。

とても細かく学生たちがディスカッションを上手に進められるように、考えられるように、と企画してくれたスピーカーのMelinda, thank you so much for giving the Japanese students a great presentation!

これをきっかけに英語をもっと学びたい、話せるようになりたい、と思ってくれる学生がいたら嬉しいな、と思います。

是非、次回のアメログ多摩にも遊びに来てください!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.12 開催報告

アメリカ大使館共催イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.12】 2/18 Sat. 開催

元NFLプロ選手に聞く!『国際的な視野を持つ戦術・リーダーシップとは』。

スピーカーは、Adam Hartford Sewardさん。2005年よりNFLのCarolina anthersとJacksonville Jaguarsで活躍されたアダムさんが、アメフトについて教えてくださいました。

まずは、アメフト部に所属する生徒さんにも参加してもらいながら、アメフトのルールを説明。わかっていそうで、知らなかったルールを聞き、納得しました。

そして、観戦前に試合会場の駐車場で、トラックやバンの荷台を使ってBBQなどをしながら気分を盛り上げる【テールゲート・パーティ】について。ゲームの観戦チケットを持っていない人も盛り上がっていたりして。大盛り上がりの様子を映像でみました。
また、アメフトの試合と共に観客が楽しみにしているハーフタイムでの【マーチングバンド】によるショーなど、アメフトを語るのに外せないアメリカの文化も紹介されました。

アメフトだけでなく、アメリカの学校生活の中で文化ともいえるプロムパーティーの紹介も。
JET Teachersを交えてのグループワークでは、参加した生徒さんたちが英語でコミュニケーションをとっている様子が伺えました。

次回のアメログは3月に開催予定です。
どうぞお楽しみに!

投稿日:

America Dialogue Tama Vol.11 開催報告

アメリカ大使館共催イベント
【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.11】 12/11 Sat. 開催

トピックは、アメリカンホリデーと伝統『多様な祝い方・ダイバーシティ』。

スピーカーはHelena Lopesさん。ブラジルで生まれて、3歳からアメリカで育ったヘレナさんは、アメリカで行われているホリデーの様々なお祝いの仕方を紹介してくれました。

アクティビティでは あなたにとっての【I’m thankful for・・・】は?

なかなか日常生活の中で、誰に何をどんなふうに感謝したいかなんて、なかなか考える機会ない…どのグループも自分自身を考えながら、意見を話していました。

最後のグループアクティビティは、【Secret Santa】

一人ずつが紙に自分の名前を書いて紙を集める。

一人ずつほかの人の名前が書いてある紙をひいたら、その紙の裏にその人に贈る『プレゼント』を記入。相手のこともこのイベントで会ったばかり。でも一緒のグループ内で知ったことを考えながら、その相手が何をもらったら喜ぶか、うーーーん、とみんな悩みます。

 自分の名前の紙に書かれたプレゼントを読んで、【誰からのプレゼント?】をあてるこのゲーム。

たくさんの笑いが聞こえてきて、英語がわかってもわからなくてもみんなが意思疎通できて、楽しく過ごせた時間でした。

最後にはお決まりのピザを食べながらのソーシャルタイム。

初めてアメログ多摩に参加してくれた人が半分以上。

多くの人が初対面同士ばかりでも、JET Teacherをはさみながら、ピザを食べながら、話が弾みます。

次回のアメログは2月に開催予定です。
どうぞお楽しみに!


投稿日:

America Dialogue Tama Vol.10 開催報告

【アメリカ選挙制度の基礎知識 - 2016年大統領選挙】

9月17日(土)アメログ多摩Vol.10開催されました。Speaker は、Scott Wilbur氏。

まずは学生たちからの質問。
この質問は、隣の人が作った日本語の質問を英語に訳すという少しWarm-upを兼ねたもの。

英語にするのに四苦八苦しているグループもあったようですが、JET Teachersが手伝い完成。

それらの質問にScottさんは一つ一つ丁寧に答えてくださいました。


そして、Presentationスタート。

難しいトピックなので、事前にJet Teacherの一人、Jocelynがワードリストを作ってくれました。

Caucus (党員集会)やInaugural(就任式)など中には初めて聞く単語もあったかもしれません。
プレゼンテーション中にも、積極的な質問が多くみられました。


グループワークでは、グループ毎にPresidential Campaignを実際に企画。グループ内でそれぞれの役割を考え、どう選挙戦を組み立てていくか。
それぞれのグループでのプレゼンテーションで終わりました。

その後にはいつものお決まり、ピザタイム!

学校や学年、地域の枠を超えて、いろんな人と色々な話をして
輪を広げてもらえたら嬉しいです。

みなさん、ご参加ありがとうございました!

次回のアメログ多摩もお楽しみに。