投稿日:

ゼロから12か月で英文を読む【Knox Methodって?】

            ●4月から新クラススタート!  聖蹟桜ヶ丘校

「小学生の時に英会話を長く習っていたのに、中学に入って英語がわからない」というご相談をよく受けます。

これは英会話では、英語がどう変化するのかを理解せずにたくさんの暗記を繰り返してきたためです。もちろん覚えている文章やフレーズが多くあれば、それを使い回して話すことも出来るようになります。

でも《英語を理解する》にはきちんと納得させてあげることが必要です。
また10歳を過ぎていれば、シンプルな説明で納得することができれば、しっかりそのしくみを理解することは十分に可能です。


日本語とどう違うのか?
例えば発音。日本語と英語で言うPの発音は息の量が全く違うし、Fは口の形が全然違います。

フォニックスでは、Iをアイと読んだり、イと読んだり。Knoxでは最初にABCソングをエービーシー、でなく、ア、バ、ク、デュと音で歌います。するとMILKがム・イ・ルゥ・ク…で英語のミルクの音が生まれる仕組みがわかってきます。

おじさん、はHeなのに、おじさんたち、は何故Theyなのか。
語順は、どう日本語と違うんだろう…


Knoxメソッドでは、【日本語との違い】に着目して説明していきます。
これは大人も子供も、第一言語で考えている以上同じこと。例えば日本語に使われていない主語、英語にするときには、まずはこれを探す作業から始めます。

ゼロから始めて12か月で英文を読む】Knox Methodは、アルファベットの識別から、三文字、四文字そして五文字読み、そして語順の違いを少しずつ習得して、句から文章へ。
約12か月でアルファベットから文章読みまで習得するプログラムを実践しています。


早い時期からきちんとルールを納得して理解する。
そして【英語】という言語を身につける。
小学校高学年から始めて、中学・高校の英語力へ繋がっていきます。

英語を得意にして、海外に目を向け、将来が変わる。
そんな生徒を多く育ててきたメソッドです。