投稿日:

錦秋サマーキャンプ-2

錦秋幼稚園サマーキャンプ 2日目

今回は5名のお兄さん・お姉さんが来てくれました。
一度会ったことのあるお兄さん・お姉さんたちでも、最初はみんな緊張してモゾモゾ・・・

ところが一旦、アクティビティが始まるとハイテンション!

まずは目隠しをした人に、Right, Left, などを使いながら指示をしていくスイカ割りゲーム。

 

数回やったあとには、「今度はお兄さんたちがやってよーー」

なのでお兄さん・お姉さんたちが目隠しをすることに。
ところが目隠しをして待っているのに、みんなは円陣組んで「エイエイオー!」をしようと準備中。なかなか始まらない…

目隠しをしているお兄さんはずっと待ってる。。
見ていてカワイイ光景でした。

Right, Left, を習得した後には、目隠しをして作る「福笑いゲーム」
みんなカワイイ顔をつくっていました。

 

次は、みんなのお待ちかね、ショッピングゲーム!

3つのお店から、リーダーのお兄さん、お姉さんと話し合い「どこにいく?何買う??」

到着すると  Can I have —, please? みんな一生懸命に話してくれました。

カードを買える2つのお店と、お菓子を買える1つのお店。
当然、お菓子屋さんが大人気!
みんな列を作って自分の番を待ちます。

 

そして最後には、Reading Time

お兄さん、お姉さんたちが英語の絵本を読んでくれました。
グループになって一つずつ聞いていきます。

 

子供たちのサポートを引き受けてくれた学生さんたちです。

Marina, Naho, Soma, Mizuki, Yota, Yukina ありがとうございました!

    

投稿日:

錦秋サマーキャンプ-1

8月5日(月)、サマーキャンプ第1日目を開催しました!

夏休み期間中でしたが、たくさんご参加いただきました。
キャンプ開始の時間が近づき、みなさんがホールに入ってくると
そこには初めて会うお兄さん、お姉さん、そして錦秋幼稚園の仲間たちの姿が。

「どんな人かな?」
「今日はどんなことをするのかな?」

最初はちょっと戸惑い気味の様子も見られましたが、すぐにみんなと打ち解けて
楽しそうにはしゃぐ声がホールに響き始めました。

キャンプが始まると早速チームに分かれてゲームを開始。
最初は単語当てクイズ。チームごとにリーダーのところまで走っていき、
自分が選んだ数の分だけ、カードを見て英語で答えます。
カードの中にはちょっと難しい単語も混じっていましたが、みんな果敢に挑戦していました!

答えを言えるとおはじきをもらってチームに戻り、
ゲームの最後にチームで集めたおはじきの数をみんなで英語で数えます。
チームリーダーのお兄さん・お姉さんと一緒に、一つずつカップから出してみんなで数えました。

次は早押しクイズ。
「みんなの年齢は?」「虹は何色?」など、英語の質問を聞いて、
チームで相談し、答えが分かったら一斉にボタンを押しに走ります。
みんな、自分が一番乗り!とボタンを押し、大きな声で答えを言ってくれました。

 

ゲームはチームリーダーのお兄さん・お姉さん、そして普段は学年の違う年中さん・年長さんが
一緒に協力して進めます。みんなゲームの時は張り切って参加し、リーダーのお話を聞くときは
集中して耳を傾けていました。

 

年中さんも年長さんも初対面でしたがみんな仲良くなって、「~ちゃん、頑張って!!」
という掛け声と笑い声がたくさんホールに響いていました!
とても楽しそうな笑顔が見られて、Knoxスタッフ一同もとても嬉しく感じ、サマーキャンプ2日目も
絶対楽しんでもらえる時間にしようと思いました。

投稿日:

Knox Summer Camp, Day 2

    【Day 2】

朝は恒例のラジオ体操・英語バージョンから始まる予定でしたが、あいにくの雨。
中止として、少しゆっくりと部屋で過ごしました。

朝ごはん時から元気、元気。
そのエネルギーはどこから来るの?というぐらい元気です。

二日目もすべてのアクティビティはMCのゲーム発表から始まります。
バルーンゲームでは反対側にいるTeam Leaderまで風船をパスしながら行き、そこで英語の質問をもらいます。うーん・・・と考えながら答えると、急いでチームへ戻る!

 
最後のアクティビティのあとに「これで終われない!もっと何かやりたい!」

急遽、短時間のDuck, Duck, Gooseゲーム。
走る。走る。

小学生も大学生も大人も。

そして修了式。今年はPurple Teamの優勝!となりました。  
ガリガリ君を食べながら、記念写真。パチリ。

 
今年も楽しかったSummer Camp.
誰も大きな怪我や病気になることもなく終えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

聖蹟桜ヶ丘駅から現地まで、小学生以上を引率してくれた学生コーディネーター、Maria, Mayu, Soma, Otoyaありがとうございました。ラッシュの時間帯の引率、大変だったと思います。
そしてTeam LeaderのVictoria, Erica, Adam, and Lucifer.  本当にありがとうございました。事前ミーティングの出席、プレゼンの準備など大変だったと思います。皆さんのサポートが無ければ、できなかったキャンプです。

英語をチャレンジする、海外を知る、ことを目的としたこのキャンプ。
少しでもこのキャンプを通してそんな気持ちが生まれてくれたら、嬉しいです。

またKnoxのイベントで再会できるのを楽しみにしています!

投稿日:

Knox Summer Camp, Day 1

【Day 1】 

Knox Summer Campが始まりました。
今年は定員いっぱいの40名での参加。去年からのリピーターの参加者もいて、とても嬉しい限りです!
聖蹟桜ケ丘駅集合組みも無事に到着しました。

まずはチームメンバーの紹介を兼ねて、ミニ・アクティビティ2つ。
なんだかまだ皆んな、緊張気味です。


ミニ・アクティビティ終了後には、このキャンプ一番の要といってもいいくらい重要な時間、

MCミーティングが始まりました。

グループ毎に各自で担当するアクティビティを持ちます。
そのゲームの際にはそのMCが進行を担当。ゲームの説明、注意事項、ルール、スコアなど全て英語で説明していきます。

そのために誰が何を言うか、なんて伝えたらいいか、みんなで一生懸命に考えて、中学生以上の年長者は小学生に英語を教えて、練習をしていきます。

「紙に書いたのを読めばいいや」と思っていた中学生が、
一生懸命に英語を暗記する小学生を見て「ヤバい・・・」と頑張ったり(笑

長い文章を一生懸命に読み方をLeaderに教わりながら練習する姿を見れたり

とても頼もしく皆んなが映りました。

そしていざ自分の担当のゲーム、練習の成果発表。

様々なアクティビティを英語で行い、また英語の先生たち、Team Leader達用には日本語バージョンでの質問。チーム内での話し合いはOK、そして早押しクイズなので、大激戦!

そしてお待ちかね、水風船ドッヂボール!
このゲームに小学生も大人も関係ありません。みんな、本気モードそのもの!

みんな容赦なく、必死の交戦でした。

夕食後には、Study Roomで海外留学や外国の文化などをTeam Leaderや大学生/高校生が話してくれました。


「アメリカ人にとっての日本の魅力」や「14歳でのボストン研修」「僕がどうやって英語を話せるようになったか」など5つのプレゼンテーション。英語のプレゼンには、大学生が通訳をしてくれました。

疲れてお腹いっぱいになって眠くなってしまうかも…と心配していましたが、短い時間で楽しい話ばかりだったので、みんな一生懸命に聞いてくれました。

盛り沢山だった一日。コテンと寝てしまった部屋もあれば、夜遅くまでワイワイ、がやがやの部屋もあったり。楽しさがヒートし過ぎて「終了~!」と一喝された部屋もあったりして?(笑

全ての部屋が小学生~大学/高校生の縦割りで部屋が分かれ、楽しそうな声がたくさん聞こえました。

Day 2