投稿日:

America Dialogue Tama Vol.16

アメリカ大使館助成イベント【アメリカ・ダイアログ多摩Vol.16】 9月23日(土)開催!

トピック
《男らしく、女らしくって? -Gender Equality-》

「女の子らしくしなさい」「男の子なんだから」と言われたことはありませんか?

ジェンダーとは「生物学的性差」を言うのではなく、「社会的・心理的な性差」を差します。
男の子だから黒や青、女の子だからピンクや水色?
女子だから〇〇が出来るはず、男子だから〇〇が得意でしょう。
知らず知らずのうちに、そんな意識を持っていませんか?

その意識はどうやってどこから生まれたのでしょうか?
また国の社会情勢や文化背景によっても違いがあるはずです。どのように異なるのでしょうか?

多様な価値観や生き方がある現在、いろいろなジェンダーの考え方があってもいいのかもしれません。

難しいトピックではあるけれど、誰もが無意識にもっている感覚。
そんなトピックを一緒に考えてみませんか?
今回は、弁護士としてご活躍されていた経緯を持つアメリカ人スピーカーをお迎えして、
日米間のジェンダーの違いやジェンダー問題について伺います。

 

着30名の事前登録制になります。
定員になり次第〆切ます。登録はお早めに!

参加登録フォーム➡ 参加登録(別ウィンドウが開きます)

=========
◆Speaker
=========
Sabrina Hassanali

Sabrina Hassanali grew up in Atlanta, GA to a high-achieving family.
Both her parents were doctors who also ran their own businesses.
She received her B.Sc. from the Georgia Institute of Technology
with a double major in International Affairs and Modern Languages- Spanish.
She received a scholarship and graduated with highest honors.
She then pursued her law degree at the University of Maryland School of Law.
There she was a recipient of the Leadership Law Scholarship.
After law school, Sabrina practiced for a well-respected immigration law group
before practicing as a solo practitioner.
She has taken a hiatus from her law career to teach English at Nishi High School
with the JET program.

========
基本情報
========
開催日 2017年9月23日(土)
時間 15:30~18:00(15:15開場)
会場 NPO法人 Knox English Network

多摩市一ノ宮4-1-31 チェリーヒルズ203号
京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口より徒歩4分 (川崎海道沿い)Tel 042-400-7205 email: info@knoxenglish.com  http://www.knoxenglish.com     

 

主催: NPO法人Knox English Network   

協力 :中央大学

共催 :在日アメリカ大使館

 

 

=========
◆対象
=========
— 定員30名 中学生以上大学院生まで 【参加費無料】

–アメリカ文化に興味ある人、留学に興味がある人、英語を話したい人、
英語の勉強を頑張りたい人など
— America Dialogue Tamaは、英語を聞いたり話したりする場所を、
無料で提供することも目的の一つとしています。
最初は英語が全部わからないのは当然、シャイにならず積極的に
英語の中に飛び込んでみてください!

=========
◆参加登録
=========
当イベントは、事前参加登録制(定員30名)です。
参加登録フォーム (別ウィンドウが開きます)

=========
◆問合せ
=========
NPO法人Knox English Networkまでお願いします。
Tel:042-400-7205 email: info@knoxenglish.com